「東洋動画」の採用試験に落ちて、なつ(広瀬すず)は自分の部屋の机の前でため息ばかりをついていた。ドンドンドンとドアをノックする音がして、ズカズカと入ってきたのは、兄ちゃんの咲太郎(岡田将生)だった。

「なんだ元気そうじゃないか。もっとしょげてるかと思ったよ」

なつを心配した雪次郎(山田裕貴)が咲太郎に相談したので、様子を見に来たのだ。

しょげているなつにビールをすすめる。夏はまだ未成年だ。「なつ。大人はビールより苦いものをぐっと飲み込んで生きていかなくてはいけないんだ。東洋動画なんて、ビールの泡みたいなもんだよ。気にするな」

兄らしいことを言ったつもりだったが、なつは「泡はこっちの方だよ。あんな大きな会社に、本気で入れると思ってたんだから。落ちることも考えずに、みんなに迷惑や心配かけて、本当にバカだよ。私」と、いよいよ泣き出してしまった。

「お前、面接で何か聞かれなかったか」

「お前、面接は受けたよな」と咲太郎が突然聞く。「どういうこと?」となつは不思議そうだ。「何か聞かれなかったか」と兄ちゃんはなにか心当りがあるかのような話しぶりだ。

なつは大杉社長(角野卓造)の顔を思い浮かべながら、生みの親を戦争で亡くし、北海道に育ての親がいることを面接で話したことを思い出していた。それがいけなかったのだろうか。

なつは「東洋動画」のアニメーター仲務(井浦新)が描いた子うさぎのセル画を、諦めきれない夢のように見つめたままだ。そんななつを不憫に思った咲太郎は、またまた早合点して・・・。(NHK総合あさ8時)