この番組は名古屋の中京テレビ制作で、愛知県ほかで2012年に放送を開始し、地元では人気番組だったが、この春にめでたく日本テレビ系列全29局での放送に昇格。視聴者による「オードリーの2人と会わせたら面白いと思う人」の投稿から選ばれた一般人(たまに芸能人)と、オードリー&磯貝初奈(中京テレビアナウンサー)がトークする。通称「オドぜひ」。

日本テレビ5月16日(2019年)放送分の最初のゲスト(番組では「ぜひらー」と呼称)は、「自称世界一やわらかいアゴの持ち主」の川井田さん。中肉中背で、全然アゴが柔らかそうに見えない。この番組では、自称の割に実際はたいしたことなかったオチのパターンが多く、それはそれで面白いのだが、今回はどっちに転ぶか。

川井田さんは、単に触るだけではスゴさが伝わらないので、4人全員がそれぞれ順番に他の人のアゴを触ってから、それぞれ最後に川井田さんのアゴを触る。川井田さんが最初にMC3人のアゴをテイスティングしたところ、春日は「中の上」、若林は「中の中」、磯貝アナは「上の下」で、この「上」クラスも滅多にいないらしい。

アゴのやわらかさは「水みたいな感じ」「格が違う!」と驚愕

その次に春日が若林、磯貝アナと順番に触るが、川井田さんのテイスティングとほぼ同じ感想でその精度は確かなもののようだ。そして川井田さんのアゴを触ると爆笑。「水みたいな感じ」「柔らかいわ一番」とその評判は本物だった様子。その後、若林の番では「はーっ!なんかもう殿堂入りしてるね!」、磯貝アナも触った途端「格が違う!」と驚愕。それにしても、オードリーと磯貝アナが純粋にアゴを楽しみ合う姿が微笑ましすぎる。

ちなみにこの回のこのあとは、

・英語の授業で英文を読むときに、発音をそれっぽく読むのがものすごく恥ずかしい大学生 冨田さん(19歳・女性)

・イジられるとどうしてもムッとしてしまう社会人2年目 櫻井さん(22歳・男性)

といった2人のぜひらーが登場。「こんなのでテレビ出られちゃうの?!」と思う部分もあるが、確かに何か気になる、話してみたくなる人が出てくる。

私もこの春になって初めてこの番組を見たが、東京の良くも悪くも作り込まれた番組に見慣れているとかなり新鮮。画面のテロップや効果音も少なく、テンションも低めで全体があっさりしている。でもそれが面白いし、見やすい。ある意味では東京の番組より数歩先を行っているようにも思える。

(日本テレビ 5月16日(木)深夜1:54放送)

鯖世傘晴