パリSGがトーマス・トゥヘル監督と契約延長

写真拡大

 パリSGは25日、トーマス・トゥヘル監督(45)と2021年6月30日まで契約延長したことを発表した。

 今季からトゥヘル監督が指揮を執るパリSGは、リーグ・アン2連覇を果たしたものの、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)では決勝トーナメント1回戦で敗退。また、クープ・ドゥ・フランス(国内杯)では準優勝、クープ・ドゥ・ラ・リーグ(リーグ杯)では準々決勝で姿を消し、今季は1冠にとどまった。

 クラブ公式サイトによると、トゥヘル監督は「私は非常に満足している。私とスタッフを信頼してくれた会長やクラブに感謝したい。ファンのサポートにもとても感動した。我々のクラブに栄光が訪れることを確信しているよ」と語り、更なるタイトル獲得を誓った。