ペルーの大工さんが、ニューヨークに住む娘の誕生日を祝うため、自作した木製フォルクスワーゲンを運転して米国に向かっている。

娘が誕生日に望んだこと

事の起こりは2015年。ペルーのBienvenido Ortegaさんは、当時13歳だった娘のEneliさんからショックなことを聞かされた。

ペルーの習慣では、女の子の15歳の誕生日には「キンセアニェーラ」といわれる盛大な式典が開かれることになっているが、ニューヨークに住んでいるEneliさんはそれを断り、代わりにこう言ったのだそう。

お父さんが木で自動車を作って、それを運転してペルーからニューヨークに来てくれると嬉しいわ。私は待っているから。

1度目は失敗に終わる

Ortegaさんは早速、シボレーの中古エンジンを載せた木製自動車を作り始め、2017年に完成させる。娘の望み通りに運転して米国に向かった。

しかし、コロンビアを通過中にエンジンが故障。Ortegaさんはペルーに修理部品を取りに戻るため車を現地の友人に預けたが、今度は法律やビザの関係で、コロンビア国内で修理できなくなった。

結局、コロンビアでの修理を諦めたOrtegaさんは車を友人に譲った。

フォルクスワーゲン・ビートルで再挑戦

翌年4月、廃棄された2台のフォルクスワーゲン・ビートルから、まだ使えるシャーシとエンジンを見つけたOrtegaさんは、木製自動車に再挑戦する。

フォルクスワーゲン・ビートルを選んだ理由について、彼はこう言っている。

車体が比較的小さいし、エンジンは水冷式じゃない。故障しにくいし、故障したとしても修理が簡単だからね。

それにもうひとつ、木製の車はいくつか作ったことがあるけど、フォルクスワーゲンはずっと作りたいと思っていたんだ。曲面の多い独特なボディを木で作れるか、挑戦したかった。

毎週末に作業し、完成までに9カ月ほどかかった。使われている木は「モヘナ(トロピカルウォルナット)」というもの。これはマホガニーに似た木材で、ペルーでは家具の材料として一般的だ。木製ボディの表面は、船のキャビンに使われる防水性の高いワニスでコーティングされている。

モデルとなった1978年型フォルクスワーゲン・ビートルは2ドアだが、Ortegaさんは4ドアにアレンジし直した。

この車に乗って今年3月にペルーを出発したOrtegaさん。娘さんの17歳の誕生日である7月5日を目標に、米国ニューヨークに向かっている。現在はコロンビアを通過中で、2週間後にはメキシコに入るらしい。