シンガポールの国際刑事警察機構(インターポール)のロゴ(2015年4月13日撮影、資料写真)。(c)ROSLAN RAHMAN / AFP

写真拡大

【AFP=時事】国際刑事警察機構(インターポール、Interpol、ICPO)は23日、小児性愛者によるオンライン上のネットワークをめぐり、タイ、オーストラリア、米国で9人を逮捕したと発表した。インターポールによる一連の作戦でこのネットワークが解体に追い込まれ、子どもたち50人の救出につながったという。

 インターポールは2年前、利用者の追跡が難しいいわゆる「ダークウェブ」上にあり、世界各国に6万3000人のユーザーを抱えるウェブサイトに絡む捜査を開始。これに派生する捜査を60か国近くの警察が進めており、逮捕者数はさらに増える見通し。

 一連の逮捕の結果、子ども50人の救出につながった。警察は現在も、人目に触れないネット上で共有されていた画像にうつっている100人以上の身元の特定作業を進めている。

 インターポールによると、ブラックリスト(Blackwrist)と名付けられた作戦を2年前に開始したきっかけは、ダークウェブ上の会費制サイトから流れてきたデータが発見されたことだったとしている。

 ダークウェブ上のサイトは検索エンジンを通じて見つけることはできない。サイトにたどり着くためには、ユーザーは特定のURLアドレスを入手する必要がある。

 インターポールは世界中の政府機関からの助力を得て、米国土安全保障調査部(HSI)と共に、新たな画像や動画が毎週投稿されている同サイトのIPアドレスを突き止めたという。

 昨年には最初の逮捕者として、サイトを管理する中心人物がタイで身柄を拘束された。タイの裁判所は同年6月、この男に禁錮146年の判決を言い渡した。被害者の中には、男本人のおいも含まれていたという。

 インターポールのユルゲン・ストック(Juergen Stock)事務総長は「ブラックリスト作戦は、子どもたちを虐待し、子どもの性的搾取に当たるコンテンツをつくり、そうした画像をネット上で共有する者らに対し、われわれにはそういう人間が見えている、いずれ司法の場に引きずり出すという明確なメッセージを送るものだ」と述べた。

【翻訳編集】AFPBB News