「この世の弱きものに手をさしのべるスーパー介護士 よろしく!」

SNSにこんな自己紹介をしていた男が、勤務先の有料老人ホームで入所していた82歳の男性に暴行を加え殺害していた。

警視庁に22日(2019年5月)に逮捕された元介護職員の根本智紀容疑者(28)は、東京・品川区の「サニーライフ北品川」で、4月3日から4日にかけて右半身が不自由な黒沢喜八郎さんに殴る蹴るの暴行を加えて殺していた。

立証難しいか「密室の殺人」

黒沢さんは病院に搬送される際も、「若い男に蹴られた」と訴えていた。死因は肋骨が5〜6か所の折れ、臓器を破損したことによる出血性ショック死だった。根本は「暴行を加えたことはありません」と容疑を否認しているが、施設の廊下に設置された防犯カメラに不審な行動が記録されていた。

岸本哲也リポーターによると、黒沢さんを部屋へ戻そうと、手や足を引っ張る様子が写っていた。その後、黒沢さんの容体が悪化したためか、根本はあわてて119番通報し、黒沢さんは翌朝に死亡が確認された。

司会の小倉智昭「施設で介護をする職員が、入所者の方に暴行を加えることはあるが、密室のことなので立証するのは難しいそうですね」

コロンビア大学医学部外科学の加藤友朗教授は、「外傷のパターンが暴力によるものかは、ある程度判定できます」という。