現役の中古車販売業者が「軽自動車は中古で買うべきではない!」と断言する理由とは?(※画像はイメージ)

写真拡大

 最近、軽自動車が売れに売れている。2018年新車販売の車名別トップは2年連続でホンダの「N-BOX」。ランキングトップ10のうち、なんと7台が軽自動車だった。当然、中古車市場でも軽自動車人気は続いているが「軽自動車は中古で買うべきではない!」と現役の中古車販売業者は断言する。その理由とは?

 ***

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は2019年3月の車名別新車販売台数を発表した。それによると、ホンダ「N-BOX」(2万6418台)を筆頭に、スズキ「スペーシア」(1万8848台)、ダイハツ「タント」(1万8525台)、と、トップ3を軽自動車が独占。今年もしばらくは軽自動車人気が続きそうである。

現役の中古車販売業者が「軽自動車は中古で買うべきではない!」と断言する理由とは?(※画像はイメージ)

 こうした軽自動車が支持される背景には、コストパフォーマンスの良さに加え、性能が向上している点にもあるようだ。

「税金の安さや燃費の良さ、総合的な維持費が安いという魅力はもちろん、最近は軽自動車でも衝突軽減ブレーキがついたものなど走行性能が向上したものや、広々とした車内空間を実現しているものも多く、幅広い年代から支持されるようになりました」

 そう話すのは、『ネットに騙されない本当の中古車選び』(啓文社書房)の著書がある野瀬貴士さんだ。野瀬さんは、埼玉で中古車販売店も経営しているが、その立場と裏腹に、「軽を買うなら、新車で!」と語る。中古車販売のプロがあえて新車を推すとは意外……。

「中古車は年々値落ちしていくのが一般的ですが、軽の中古車は普通車に比べてなかなか値段が落ちないので割高です。その上、最近の軽自動車ブームによって、軽の値段は下がり幅がものすごく低い。中古で購入するとなると、お得感が低くなってしまいます」

 例えば、近年1番人気のホンダ「N-BOX」の場合、新車価格はおよそ150〜200万円ほど。それが中古車の場合、状態にもよるが120万円程度で購入可能となる。ちなみに普通車の場合どうかというと、新車価格が約300万円位の日産セレナが170万円程度で購入可能……といった具合だ。

 それでも新車より少しでも安く購入できるならば……と、つい中古の軽に手を出してしまう人もいるだろう。しかし、野瀬さんが軽の新車を薦める理由は、値下がり率が低い以外にも、その売却価格にある。

「たとえばN-BOXであれば新車を購入して3年から5年乗っても、人気があるため、半額以上で売れます。150万で購入したとすると最低75万はつく。下取りで半値以上つくパターンは、普通車だとほぼ考えられません。これがN-BOXの中古車を買い、そこからさらに5年乗ってしまったら、全く事情が変わり、売却時の価格は0円になります。それだったら、新車に乗る方が気持ちもよく、燃費などもいいわけですから現在の軽自動車人気が続く限りは、新車で購入して、ある程度乗ったら売る……というのが1番いいでしょう」

 150万で新車を購入しても、売るときには半分が返ってくる。一方、120万円の中古車にはその恩恵がない。結局、売却時の利益を差し引きすれば新車のほうがコスパはいいというわけだ。

コスパ最悪は160万円の中古車

 このように、実は新車で買ったほうが得だった、という例は意外に多く、軽だけではなく普通車においても、中古車を買うと逆に損してしまうケースもあるという。

 たとえば、セレナやステップワゴンなど人気のミニバンを購入する際に、(1)300万円の新車、(2)5年落ち/走行距離5万キロで160万円の中古車、(3)10年落ち/走行距離10万キロで80万円の中古車の3つの選択肢があるとする。

 このなかでどれか1つ選ぶとしたら――実はこの中で最も選んではいけないのは、(2)の160万円の中古車だという。

「5万キロで160万円の中古車と10万キロで80万円の中古車、どちらも5年乗って売るとしたら下取り価格は0円です。一方で、新車の場合は5年乗ったとしても、下取りで4割はつくので120万円戻ってきます。そうなると、実質180万で5年間車に乗れた計算になる。新車保証(保証期間内の無料修理など)もつくことを考えると、1番コスパが悪いのは160万円の中古車ということになります」

 さらに、最近は車の性能が全体的に上がっているため、「走行距離の長短に関してはさほど気にしなくてもいい」と野瀬さんは話す。

「昔はよく“車の走行距離は10万キロまでが限界”と言われていましたが、最近では技術の進歩によって車の寿命は伸びていて、普通車であれば20万キロ位までは走ることができます。もちろん距離が少ないに越した事はないのですが、極端な話、プロの私が『走行距離5万キロの車』と『走行距離15万キロの車』に乗っても明確な違いはわかりません」

 20年以上前の年式では、車の寿命は10万キロが普通だったが、ここ10年前後の年式の普通車であれば、そこまで走行距離にこだわる必要はないようだ。事故車や修復歴などの大きな差がなければ、走行距離が多少長くても、安い車のほうがコスパがいいといえるだろう。

中古車購入の際の賢い見分け方

 中途半端な走行距離や値段などの中古車を買うのが、最もコスパが悪いことは先に述べた通りである。それならば激安中古車を買っておけば損をしないと考えがちだが、そんな簡単な話でもない。中古車のなかにはとんでもない“粗悪品”が混ざっていることもあるという。では、車購入の際は車のどこに注目すべきなのだろうか。

「まずは基本ですが、外装や内装を見ること。意外にやらないのが車体の下回りのチェックです。下回りをのぞきこんでオイル類や水類の漏れが無いか、変色が無いか確認しましょう。錆びがひどいものはブレーキに支障が生じ、きしみがでてしまいます。可能であれば試乗までするのがベストですね」

 野瀬さんによれば、内外装の状態は前オーナーの愛着や丁寧に乗っていたかどうかがそのまま表れるポイントで、車の状態そのものに直結する。さらに事故歴・修復歴などこれまで車が歩んできた歴史についても、事前によく確認したほうがいいという。

「個人的な感覚では、出回っている中古車の10台に1台は事故車やメーター不正車が混ざっています。走行メーターは簡単に改ざんできてしまうため、捕まる業者が後を絶ちません。事故車に関しても、たとえば人をはねてボンネットに転がったとしても、車の骨格を修理するほどのものでなければ修復歴に記載されないため、無事故車という扱いになってしまいます」

 購入の際、メーター不正車や事故車かどうかを確認する方法は次の通りだ。

「まずは過去の定期点検整備記録簿や車検証をチェックしましょう。整備記録が残っていればそこに実施年月と走行距離が記載されています。あとは車の鑑定書を確認すること。鑑定書は第三者機関が発行しているものなので、極めて中立・公正な評価がわかります」

 鑑定書があれば、その評価によって修復歴のレベル等が素人でもすぐにわかるという。また基本的には、相場より極端に安い車に関しても疑ったほうがいいようだ。

「関東だけでも中古車屋はたくさんありますが、仕入れ先は同じオークション会場がほとんど。当然、仕入れ値も大きな差はありません。にもかかわらず、市場で極端に安く売られている車は、誰も競り落とさなかったような状態の悪い車の可能性が高い。買う側が気づかなければ、わざわざ営業マンは悪いところを言いませんからね」

 実際、野瀬さんが絶対に手を出さないような車を仕入れる業者は少なからずいるという。そして日本のどこかで悪徳営業マンによって何食わぬ顔で販売されているのだ。

 安物買いの銭失いどころか命にまで関わってくる車選び。安さに惑わされずに、お買い得な車を見分けられるよう心がけたい。

取材・文/藤野ゆり(清談社)

デイリー新潮編集部

2019年5月23日 掲載