メルボルン・Vで最後の試合となる本田はチャンスを創出したが…。(C) Getty Images

写真拡大

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は5月22日、各地でグループステージ最終戦を開催。メルボルンのレクタンギュラースタジアムでは、メルボルン・ヴィクトリー対サンフレッチェ広島の一戦が19時キックオフで行なわれている。

 試合は開始5分、すでにグループステージ首位通過を決めている広島が幸先よく先制。CKを得ると、森島司のクロスにニアサイドの松本大弥が頭ですらし、これをファーサイドに詰めた松本泰志が詰めて押し込んだ。広島が1点をリードする。

 今季限りでメルボルン・Vを退団することが発表されている本田は、広島の堅い守りに苦しむも、随所に的確なパスを通してチャンスメイク。27分にはスルーパスを通して、トイボネンの決定機を作り出すが、トイボネンのシュートは枠を外れた。

 前半は1対0で広島がリードして折り返している。