中村はキレのある動きで攻撃を活性化したが、ゴールは奪えなかった。写真:滝川敏之

写真拡大

 アジア・チャンピオンズリーグのグループステージ6節、グループEの鹿島アントラーズ対山東魯能(中国)の一戦は5月22日、県立カシマサッカースタジアムで、19時にキックオフされた。
 
 鹿島は引き分け以上で決勝トーナメント進出が決定する状況。敗れた場合でも同じE組の慶南(韓国)対ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)が引き分けに終われば、16強入りが確定する。
 
 鹿島は左サイドバックの安西が前節の警告で出場停止のため、代役には町田が入った。また、L・シルバ、セルジーニョに加え、先週末のJリーグでバースデーゴールを決めた白崎も先発に名を連ねた。
 
 一方、山東魯能はアウェー戦で鹿島相手に2ゴールを叩き込んだエースFWペッレ、元ベルギー代表のフェライニがスタメン起用された。
 鹿島は開始11分、警戒していたセットプレーから先制点を奪われてしまう。ファーサイドに送られたCKをジウが頭で折り返し、フェライニがそのボールをヘッドで合わせる。GKクォン・スンテが必死で掻き出したが、すでにラインを割っていたとしてゴールが認められた。
 
 ビハインドを背負った鹿島は18分にL・シルバのパスを受けた土居がミドル、22分にはCKに合わせて町田がヘディングシュートを放つも枠を捉えられない。
 
 さらに、24分にはコンビネーションで相手を揺さぶり、最後は白崎がグラウンダーのククロスを上げたが、これはGKにセーブされる。30分にクロスのこぼれ球を拾った中村のボレーも上に外れた。
 
 その後もホームチームはボランチのL・シルバや両サイドバックも攻撃参加して圧力をかけ続けた。しかし、ゴールは奪えず。土居がボレーでネットを揺らした41分のシーンは、無念にもオフサイドの判定で取り消され、0−1で前半を折り返した。
 
 同グループのもう1試合、慶南対ジョホールは0−0で推移している。このまま同試合のスコアが動かなければ、鹿島は負けてもグループステージ突破が決まるが、なんとか引き分け以上に持ち込んで自力で16強進出を決めたいところだ。
 
構成●サッカーダイジェストWEB編集部