ベンフィカが狙うシレッセン

写真拡大

シレッセンはバルサを去り、他のチームでレギュラーとして試合に出場し、ヨーロッパで偉大なGKの一人になることを望んでいる。

バルサは既にそのことを知っており、他のクラブも認識している。
この事実を前に、他のクラブ達は、オファーの額を下げるためにこの状況をうまく活用しようとしている。

ポルトガルのベンフィカは、ここ最近オランダ人GK獲得に関心を示しているクラブである。同クラブは、シレッセンを2,000万ユーロ(約25億円)で獲得する決心をしており、一方でバルセロナは、この金額+いくらか増額された金額の収入を得ることにこだわっている。

バルセロナは、控えGKがポテンシャルの高さを披露していることを理解しており、この理由から減額を望むクラブとの争いに備えている。しかし、シレッセンが来シーズンはバルサでプレーを続けないという事実を前に、ポルトガルのクラブは安値での同選手の獲得を望んでいる。オランダ人を巡って、両チームも一歩も譲らない駆け引きが繰り広げられている。

アスルグラナは、仮にベンフィカが若手SBのトーマス・タヴァレスをオペレーションに追加した場合、2,000万ユーロでの放出に応じるようである。