注目されている(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 女性では「沢尻会」の存在が注目されているが、こちらはファミリー。発売中のFLASHが〈芸能界ファミリーの新派閥「瑛太会」〉などと題し、ある晩の瑛太(36)一家の外食について報じている。

写真流出も錦戸亮は沈黙…うやむやになった瑛太の暴行事件

 訪れたのは、都内の閑静な住宅街にある、瑛太お気に入りの和食店。店奥には座敷があるそうで、メンバーは妻の木村カエラ(34)と2人の子供、そして、20年来の友人である松田龍平(36)の元妻、モデルで女優の太田莉奈(31)が長女を連れて参加したという。

 記事では、瑛太はムロツヨシ(43)を中心とした「ムロ会」に小栗旬(36)や山田孝之(35)らとともにメンバーとして名を連ねているとも。加えて男気があり、野村周平(25)ら年下俳優からも慕われる“アニキ肌”の一面にも触れているのだが、こんな声も聞こえてきて――。

「瑛太はとにかく酒癖が悪い。ちょうど1年前にはNHKの大河ドラマ『西郷どん』の共演者で、もともと親交のある関ジャニ∞の錦戸亮を深夜のラウンジで酒が回った状態で馬乗りになって“フルボッコ”したなどと報じられましたが、瑛太の大トラ騒動は一度や二度ではない。実はいろんな店を出禁になっていて、最近では行く店が限られているとか。マスコミ側からすれば、マークしやすいでしょうね」(芸能プロ関係者)

 山田孝之主演の「WATER BOYS」(03年、フジテレビ系)で注目されて以降、社会派からコメディまでさまざまなテイストの映画やドラマに出演。「最高の離婚」(2013年・フジ系)や「まほろ駅前番外地」(同・テレビ東京)で主演を張って以降はすっかり主役級の俳優だが、ここ最近はドラマの出演が少ない。連ドラは18年のNHK大河「西郷どん」、同年1月期クールの「anone」(日本テレビ系)以来、ご無沙汰だ。

「大河という長丁場の後ということもあるでしょうが、瑛太が万が一、打ち上げなどでトラブルを起こし、それをマスコミに嗅ぎつけられたらまずい。だから出演は控えているといった話を聞きました。どこまで本当かわかりませんが、連ドラは映画と違って撮影時期から逆算して打ち上げの日時がバレやすい。瑛太は大手企業のCMにも出演しているし、事務所としては気が気じゃないでしょうね」(前出の芸能プロ関係者)

「瑛太会」で集まる店どころかCM業界からも“出禁”を食らったら、それこそシャレにならない。