NGT48の中井りか

写真拡大

 21日午後11時にNGT48全メンバーのSNSの運用を一旦停止するのを前に、NGT48の中井りか(21)が自身のツイッターを続々と更新。一時停止前に駆け込みでファンとの交流を図った。

 同グループのチームN3でリーダーを務めていた加藤美南(20)が、SNSに不適切な投稿をしたとして研究生降格処分となることが同日、NGT48の公式サイト上で発表。合わせてNGT48全メンバーのSNSの運用を一旦停止する異例の対応をとった。

 そんな運営側の動きに合わせて動き出したのが中井。報道を見てコメントに訪れるファンに対し、「みんながさみしくないように りぷかーえそっ」と、個別にリプライ(返信)を始める。しかし、あまりのコメント数の多さで「スクロールできなくなったんだけど!」と断念。「かえせなかった人もいるけどちゃんと見るね!」とファンへの思いやりを見せた。

 その後「モバメとフォトログできるみたいなんで(内容によっては止められるけど)みてね」と報告。SNSの運用一時停止を前にし、違った形で情報発信に力を入れていくことをファンに誓った。

 中井は停止直前にもツイッターを更新。「改めて今回このような形で更新できなくなってしまい、本当に申し訳ございません。ファンのみんな、にわりのみんなが少しでも早く安心できるようにします。いつも見てくれてるみんなごめんね。たくさんリプありがとう まっててね」と、ファンに向け改めて謝罪とお願いの気持ちを伝えた。