50代になると家族構成も変わり、お金の使い方も変わってきますので、セカンドライフを見据えた貯蓄や運用にも目を向ける時期。このタイミングで収支を見直し、これからの貯蓄や運用について考える必要があるのです

写真拡大

50代が貯金をする上で注意したいこととは

ライフプランを作成するにおいて、将来を見据えた貯蓄はできるだけ早くスタートさせることが鉄則です。とはいえ、若いときには子供の教育費や住宅購入費用などがかさみ、思うように貯蓄できない人は少なくありません。50代となった今、貯蓄したり、運用したりする場合には、どのようなことに注意すると良いのでしょうか?

収支のバランスを見極めよう

50代というのは、サラリーマンであれば収入のピークを迎える時期であり、子供の手が離れていれば自由に使えるお金も増えていきます。結婚する前の若い世代が最も貯蓄をしやすい時期だと言われていますが、それに次いで貯蓄しやすい時期なのが50代なのです。しかしながら油断は禁物。サラリーマンとして働くことのできる時間は限られていますので、今まで以上に計画的にお金を使い、貯めていくことが必要なのです。

まず確認しておきたいのは住宅ローン残高です。退職金で完済を計画している人もいるのですが、退職金のすべてを返済に回してしまったら、最悪の場合、貯蓄残高0円ということにもなりかねません。できる限り現在得ている収入を貯めて繰上返済等をして、定年退職前に完済したいものです。ローン残高にもよりますが、現役中では完済できない人もいることでしょう。そのような場合には、できるだけ退職金を使わなくても済むよう、住宅ローンを減らせるように毎月の返済計画を練り直すようにしましょう。

元本保証もしくは大きな損失がでにくい買い方を選ぶ

収入が得られる期間が限られているからこそ、運用で冒険することは避けなければなりません。

まず基本となる商品は、元本が保証されている銀行の定期預金や積立系の商品です。積立型の投資信託を活用するという方法もあります。積立型の場合、ドルコスト平均法と言って、基準価額が高額なときには少なく、低額なときには多く購入する方法で買い付けていきますので、購入価格を平準化することができます。

楽しみながらお金(?)を貯める

基本は分かったけれど、もう少し積極的に運用したいと言う人もいることでしょう。

それならば、通常の売買単位の10分の1から購入可能な「ミニ株」に挑戦してみてはいかがでしょうか? この商品は株という名前が示すように、元本は保証されていませんが、株主総会の参加の権利を持つ単位株を保有している人と同様に、配当を受けることができるのです。基本としてミニ株を保有していても株主優待は受けられませんが、会社によっては端数株でもOKとしているところもあります。株式投資の勉強がてら、調べてみても良いですね。

運用ではありませんが、買い物をする際のお店選びにも一工夫を! 楽天やヤフーなどのショッピングサイトでは、食品や日用品、旅行のパッケージツアーなどを取り扱っています。そして、これらの商品をサイトから購入すると、購入価格の数%から10%(場合によってはそれ以上)のポイントが付きますので、実質、割引で購入したのと同じ効果があります。ヤフーの場合、Tポイントとして貯まりますので、貯めたポイントをヤフー以外でも利用できるのがメリットになります。

ここで紹介したことはほんの一例であり、まずは現在の収支とローンがあれば返済計画を再考することが大切です。その上でどのような商品で貯蓄・運用するのかを考えると良いでしょう。一獲千金になり得る商品を利用するのではなく、安全で安定した商品を使って、コツコツと貯めることが大切です。50歳から毎月3万円の貯蓄を10年間貯めれば、360万円貯まるのです。

今からでも遅くはありません! セカンドライフを見据えて、コツコツ貯蓄・運用をスタートさせていきましょう。
(文:飯田 道子(マネーガイド))