過去最大級の賑わいで周辺道路も大混雑!

 今年のスーパーGT第2戦富士スピードウェイでのレース「FUJI GT 500km RACE」は10連休もの大型GWの真っただ中。通常、レースは週末の2日間に開催されることが多いのですが、GWに開催される「スーパーGT」は曜日というより“日にち”で決まっているようで……。今年も5月3日(金)、4日(土)。

 しかもお天気がGW前半より後半のほうがいいということもあり、後半のメインイベントとして足を運んだ人が多い模様。おかげで2日間の入場者数は9万1800名! 過去最高の入場者数を記録した2017年の9万2100名に次ぐ2位!

 行きも帰りも渋滞を覚悟していましたが、意外にも朝の東名高速道路下りはそれほどひどい渋滞ではなく、意外とスムース。降り口はその時点で御殿場ICで3km、新しくできた足柄スマートICで1kmの渋滞。しかしグーグルマップの言うとおり、手前の「大井松田IC」で降りて一般道をトコトコ。中途半端にグーグルマップの言うことを聞き、最後に国道246号から曲がるところだけ私がいつも使っている道をつかったところ、ほとんどクルマは動かず大失敗。

 そこでまた、グーグルマップでルート設定したところ、前のルートよりは早く着いたみたい。すぐ近くまで来ているのに、富士スピードウェイに繋がる道路は少なく、とくに右折で行かねばならない道はかなり混雑しています。しかし、ここでひとつ学びました。グーグルマップを使う場合は、途中、浮気せずにまっとうするべし。と、例年より少し富士の到着時間が遅くなってしまったせいか、いつもにも増して富士スピードウェイ周辺への大渋滞に巻き込まれるという……。

 というわけで、諸々の手続き終えて、プレスルームに到着したのがピットウォーク終了、約15分前。ダッシュでピットウォーク終わりかけのピットロードへ向かうと、こちらもいつも以上の賑わい。

 ピットに並んだ今年のカラーリングになったマシンを見ながら、レースクイーン、そしてチーム監督やドライバーがファンの写真撮影やサインなどの対応を行っています。私はこの光景を見るのが好き。だって、お客さまはみんな笑顔なんですもの。そして間もなく、ピットウォーク終了。

 その後は去年、何度かお世話になったワンメークレース「ポルシェ・カレラ・カップ・ジャパン(PCCJ)」のピット訪問。間もなく「PCCJ」の決勝レースのため、スターティンググリッドへ。ポールポジションはナイン・レーシング#31号車の上村優太選手。そしてそのままポール・トゥ・ウインでした。

GT-Rがブッチギリの独走かと思いきや……

 それが終わるといよいよメインイベント「スーパーGT」のウォームアップと決勝スタートです。今回は500劼離譟璽垢如110周。もし何かで遅れても最大18時20分がレースの終わりと決まっています。各マシンがピットから元気よく跳び出していきます。私はこのシーンも好き! プレスルームからピットを飛び出すマシンを見送ります。

 そしてマシンはコース上に並び、グリッドウォークの始まりです。私はこのシーンも好き。まずはエンジニアやチーム関係者がコース上に入り、その次にドッとゲストや報道陣がなだれ込みます。私はいつも先頭のほうのゲートから中に入り、後ろに向かって歩いていきます。なので、一番最初に見るのは先導するセーフティカーのホンダNSXです。

 そして今回のポールポジションは日産のエースカー#23の「MOTUL AUTECH GT-R」(松田次生/ロニー・クインタレッリ組)。ウイング脇には毎年富士のGW恒例、鯉のぼりが描かれています。鯉のぼりにまたがっている「金太郎」は、もちろん鉞を担いでいます。富士は足柄山近いですから。

 そしてよーく見ると、鯉のぼりには小さなクマの絵が隠しキャラ的に描かれています。そしてこの鯉のぼりの絵、左右で鯉の色が違います。ちなみに左側は赤、右側は黒の鯉です。今まで何度もこの絵を見ていますが、ここまでは気が付きませんでした。今回新しい発見!

 このことをニスモ・アンバサダー柿元邦彦氏に伺うと「とくに意味はありません。たぶん左右違うと余計に写真を撮ってもらえるのでは?」とのこと。この件は、この後も取材を続けてみます。

 レースはスタート直前から降り出した雨のため、ペースカー先導でのスタートとなりました。しかし雨はだんだん強くなり、遠くで雷も鳴りだしたため、15周で中断。するとフィニッシュゲートに電光掲示板で周回数、時間、赤旗のマークが出ています。先日リニューアルされ、表示方法が変わってわかりやすい! サーキットも年々進化しているようです。

 そしてレース再開。ポールポジションスタートの#23号車「MOTUL AUTECH GT-R」(松田次生/ロニー・クインタレッリ組)と#37号車「KeePer TOM’S LC500」(平川 亮/ニック・キャシディ組)が抜きつ抜かれつのデットヒート。その後、中盤は23号車がトップに。そのまま勢いが続きそうなので、私はNISMOで柿元さんのお話をお聞きすることに。そこは元GT500日産のエースドライバーで、現エグゼクティブアドバイザーの本山 哲氏と、柳田真孝氏がいるという豪華なお席。

 レース映像を見ながら、3人で確認するように話しています。当初、「雨の状況にもよりますがタイヤ次第かな。サスペンションも柔らかめにしているかも」とのこと。本日の路面の温度は最高で40度。しかしその後は下がる一方で、20度以下に下がる可能性も。

 余裕でトップチェッカーか、と思っていきましたが、110周もの長いレースだと最後まで何が起こるかわかりません。今回も案の定、途中で#38号車に抜かれるも、79周目のピットインでまたまた抜き返し。そして99周目に#38号車に抜かれるという……。私はあまりのエキサイトぶりに途中でプレスルームに戻ることも忘れ、最後までそこにとどまってしまいゴールを迎えてしまいました。

 GT500ではトップが#38「KeePer TOM’S LC500」。2位が#23「MOTUL AUTECH GT-R」、3位に#1「RAYBRIG NSX-GT」(山本尚貴/ジェンソン・バトン組)。GT300は#11「GAINER TANAX GT-R」(平中克幸/安田裕信組)という結果でした。「鯉のぼり」の件は迫り切れなかったので、引き続き取材します。