(C)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会

写真拡大

 中村光による累計発行部数1,600万部を超える人気コミック『聖☆おにいさん』の実写化作品が、NHKで地上波初放送されることが決まった。

 実写化作品『聖☆おにいさん 第I紀』では、監督・脚本を福田雄一が務め、 イエス役を松山ケンイチ、ブッダ役を染谷将太が担当。俳優・山田孝之が製作総指揮としてプロデュースする。設定は、神の子イエスとブッダの二大宗教教祖が、東京・立川でバカンスを満喫するというもの。ユニークな世界観ゆえに、世間からは実写化が不可能といわれていたが、一体どのような作品に仕上がっているのか?

 今回、イエス(松山)とブッダ(染谷)の2人とNHKのマスコットキャラクター・どーもくんがコラボしたビジュアルも解禁。コメディドラマ『聖☆おにいさん 第I紀』は、6月22日よる11時30分より3週連続放送予定。6月22日は1〜3話、6月29日は4〜7話、7月6日は8〜10話が放送される。