ユーロフォーミュラ・オープンシリーズのポーGPで優勝を飾ったカーリンのビリー・モンガー。DPPI提供(2019年5月19日撮影)。(c)Antonin Vincent / DPPI

写真拡大

【AFP=時事】レース中のクラッシュで2017年に両脚を失った英国の義足のドライバー、ビリー・モンガー(Billy Monger)が19日、復帰後の初優勝を果たした。

 ユーロフォーミュラ・オープン(EFO)シリーズのポーGP(Pau Grand Prix)にカーリン(Carlin)から出走したモンガーは、雨を考慮してウエットタイヤに履き替えてスタートする賭けに出ると、特製マシンでほぼ最後尾から次々に他選手を抜いてチェッカーフラッグを受けた。

 モンガーはツイッター(Twitter)に「ポーGP勝ったあああ!!! 信じられない。2年間、レースで勝つことは考えられなかった。チームのみんなのハードワークに大きな感謝を。天にも昇る気分だ」と書き込んだ。

 1996年にフォーミュラワン(F1、F1世界選手権)の年間王者に輝いたデイモン・ヒル(Damon Hill)氏も「何という完全なる勝者だ。ビリー・モンガーは素晴らしい」とつぶやいている。

 モンガーはまだ18歳だった2017年、フォーミュラ4のレースで両脚を切断しなければならない重大事故に遭い、3日間の昏睡(こんすい)状態と約1か月間の入院生活を経験した。

【翻訳編集】AFPBB News