12ラウンドの末、3-0の判定負けを喫した小西伶弥(左)=神戸ポートピアホテル(撮影・高石航平)

写真拡大

 「ボクシング・IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ」(19日、神戸ポートピアホテル・大輪田の間)

 挑戦者で同級3位の小西伶弥(25)=真正=は0−3(111−117、110−118、112−116)の判定で王者フェリックス・アルバラード(30)=ニカラグア=に敗れ、2度目の世界挑戦での王座獲得はならなかった。アルバラードは昨年10月に獲得した王座の初防衛に成功した。

 右ファイターの両者は開始ゴングと同時にまるで最終回かのように足を止めて打ち合ったが、3回に右の打ち下ろしとボディーでダメージを与えた王者がペースを握る。強打を浴び続けながらもダウンを拒否した小西だったが、大差の判定で敗れた。

 小西は試合後、「世界のレベルに達していないと試合中にも感じた。ボディーも上も効いてしまい立て直すのに焦った」と完敗を認めた。

 昨年3月のカルロス・カニサレス(ベネズエラ)とのWBA世界同級王座決定戦では3回にダウンを奪われたが、後半巻き返しての判定負け。今回も驚異的なタフネスと気持ちの強さは見せつけてフルラウンドを戦い抜いたが、勝利は遠かった。「出直す気持ちはあるが、考えないといけない。同じことを繰り返して負けるのであれば成長していない。前回よりもショックは大きいですね」。再起の意思は示しながらも、心身ともにダメージの残る敗戦となった。