初めて兄弟で臨む世界選手権に向けて意気込む谷川翔(左)と、谷川航(右)=武蔵野の森総合スポーツプラザ

写真拡大

 「体操・NHK杯」(19日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 男子が行われ、全日本王者の谷川翔(20)=順大=が全日本のリードを守り切り、合計点254・363点で初優勝を飾った。得意のあん馬で落下するミスがあったものの、その後は見事に立て直した。兄の谷川航(22)=セントラルスポーツ=が全日本5位から猛追し、0・235点差で2位に食い込み、史上初の兄弟ワンツーフィニッシュとなった。3位の萱和磨(22)=セントラルスポーツ=までが、世界選手権(10月開幕・ドイツ、シュツットガルト)の代表に決定した。

 10連覇をしていた内村航平不在の大会で、体操ニッポンの新たな象徴に仲良し兄弟が名乗りをあげた。全日本王者の弟翔を兄航が猛追し、史上初の兄弟ワンツーフィニッシュ。昨年は兄弟で残る1枠を争い形となったが、今年は2人で世界代表に。航は「今年は絶対に一緒に行きたいと思っていた。本当にうれしい。東京五輪も兄弟で行きたいと思っているので」と、喜びを噛みしめた。

 翔は“トラウマ”を乗り越えての悲願達成だ。昨年は最後の鉄棒まで首位も、落下で4位転落。ほぼ手中にしていた代表切符を逃した。この日はあん馬での落下があったが、その後は立て直し、最後の鉄棒もしっかりとまとめた。試合中はカメラにピースを連発するなど「笑う門には福来たると思って」と明るく振る舞ったが、壁を乗り越え「本当に怖かった。着地が決まった瞬間は感動ものだった」と、涙した。

 東京五輪前哨戦の世界選手権。水鳥寿思強化本部長も「翔は日本のエースになり得る存在。航は今一番強いオールラウンダー」と、兄弟に“屋台骨”としての期待を懸けた。

 長年代表をけん引してきた内村が代表入りは極めて厳しい状況。床と跳馬の得点源となってきた白井も微妙な状況に追い込まれている。航は「航平さんたちが代表に入れるか分からない。そういう想定もしないといけない。去年まではずっと頼りっぱなしだった。航平さんありきの日本チームだったと思う。そこに頼ってばかりじゃ駄目。自分たちで新しい風を吹かせたい」と、新時代を築きあげていく決意を語った。