今季6得点を挙げている横浜FMのFWジュニオール(左)【写真:Getty Images】

写真拡大

M・ジュニオールは神戸戦で得点を挙げてトランクスの必殺技を真似してパフォーマンス

 横浜F・マリノスのブラジル人FWマルコス・ジュニオールは、18日に行われたJ1リーグ第12節ヴィッセル神戸戦で先制点を挙げ、4-1での勝利に貢献した。

 今季リーグ戦6得点目となるゴール後には、人気マンガ「ドラゴンボール」をまねたパフォーマンスで会場を盛り上げたが、お馴染みとなったパフォーマンスについて「リクエストがあったら嬉しい」と、ファンからのリクエストに応えていく意思を明かした。

 横浜FMは前節でセレッソ大阪に0-3で敗れ、上位戦線に生き残るためには連敗が許されない状況だった。序盤は神戸に攻め込まれる場面もあったが、この試合では1.5列目を務めたマルコス・ジュニオールが貴重な先制点を挙げてチームに勢いをもたらした。

 相手のサイドチェンジを奪った横浜FMは、MF遠藤渓太がドリブルでゴール前までボールを運び、ショートカウンターのチャンスを得た。遠藤は相手を引きつけて、右から走り込んだマルコス・ジュニオールへパス。パスを受けたマルコス・ジュニオールは、そのままワンタッチで蹴ってファーサイドに流し込み、先制点を挙げた。試合後には「自然とGKが動くことを知っている」と、得点の秘訣を明かしている。

「GKは左に行くのは分かっていましたし、自然なこと。そこで、しっかりとボールを押さえる。グラウンダーでシュートを打とうと思いました。もしも、ボールが浮いていたらGKの手に触れていたかもしれなかったので、しっかりとグラウンダーで打つように心がけました」

ファンにアイデア募集を呼びかけ「リクエストがあると嬉しいし、やろうかなと思う」

 今季6得点を挙げているマルコス・ジュニオールが、得点後には「ドラゴンボール」の技を真似たゴールパフォーマンスを行うことはお馴染みとなっていて、楽しみにしているファンも急増。今回はトランクスの“バーニングアタック”という技を見せたが、それはファンからのリクエストだったという。

「リクエストの多かったトランクスの技ということは知っているのですが、(技の)名前まで分からなくてすみません。リクエストがあった時に面白いパフォーマンスだなと思って、今日はやってみました。上手くできなくて、すみませんでした。ツイッターやインスタグラムでたくさんのメッセージが来ました。リクエストがあると嬉しいですし、やろうかなと思います」

 順調に得点を積み重ねるマルコス・ジュニオールは、今後も「ドラゴンボール」パフォーマンスを続けるようだ。今後は、どれだけの種類が見られるか注目で、ゴールを重ねるごとにリクエストも増えることだろう。(川原宏樹 / Hiroki Kawahara)