YouTuberが窒息死…バカに「バカ」と言わないと社会が良くならない/ひろゆき

写真拡大

ひろゆきのネット炎上観察記 ―
▼ライブ配信で放送事故発生 早食い挑戦の女性が窒息死

 YouTuberの間で流行し、話題となってる「おにぎり早食いチャレンジ」。これをライブ配信中に行った女性が窒息死する事故が発生した。おにぎりを食べる瞬間から泡を吹き意識不明となり救急隊が駆けつけるまでの様子が生配信されたことからネット上は騒然。SNS上ではチャレンジ関連動画の拡散防止の呼びかけや、女性への哀悼の意などが溢れた。

◆バカをバカと蔑んだほうが、社会が良くなることもあるかと

 世の中にバカ(※1)が増えると、それだけ経済も悪くなるし治安も悪くなるので、バカは減らしたほうがいいと思うのですが、メディアとかではバカを売りにしたタレントが登場したり、物事を知らないことを恥と思わない人がコメントしていたりと、「バカなことが悪いことではない」みたいな風潮の企画が作られていたりして、バカなことをやる人が減らない社会になっていたりしますよね。

 そんなバカ行為がYouTubeのなかでも流行っていまして、ライブ配信中にバカなことをした結果、意識不明になって窒息死するという事件が起きたりしました。

 んで、この亡くなった人に対して可哀想的なリアクションをネット上でチラホラ見かけたりします。

 んでも、こういうことをするようなバカを増やさないためには、「可哀想」とか言うのではなくて、「早食いで死んだバカがいる」「こんなバカにならないように気をつけましょう」とか言っといたほうがいいと思うんですよね。

「死んだ人は可哀想だから悪く言うものじゃない」みたいな思考停止をして、間抜けな死に方をする人を増やすのはどうかと思いますし、バカに「バカ」と言わずバカを増やしても社会が良くならないわけで。

 暴走族も珍走団(※2)と呼ぶことで恥ずかしいモノだと認識させるってのが、割と成功(※3)していたりするので、恥ずかしいことだと広めるのは意味があると思うのですよ。

◆結局アホなことをする人は出続けて…

 YouTube側とかも問題になるので規約をきつく(※4)したりして、危ないことをやめさせたいと思っているみたいですけど、結局アホなことをする人は出続けていますよね。いまだに早食いの動画を撮っているコとかもいますし。。。

 逆に報道をしないほうがいいこともあったりしますよね。たとえば、有名人の自殺を報道すると、後追い自殺が出たり、注目を浴びたいからと承認欲求の強い人が自殺しちゃったりとかもあります。なので、WHOが報道関係者向けに自殺予防のためのリファレンス(※5)ってのを出してるんですけど、日本のメディアってこういうの全然守らないですよね。。。

※1.バカ
当原稿内では13回ほど使用

※2.珍走団
’01年夏頃、2ちゃんねる内で「暴走族なんて呼び方はカッコ良すぎるのでダサい名前で呼ぼう」ということで、誕生した言葉。派生スラングには、徒歩の集団ヤンキーを表す「珍歩団」、成人式に出現するヤンキーを表す「珍成人」などがある

※3.割と成功
福岡県警は暴走族対策として、大々的に「暴走族? いいえ、珍走団です」という文字とともに、そのダサさを揶揄した顔文字などを使ったポスターを作成

※4.規約をきつく
米国では、映画『バードボックス』に触発されたYouTubeが、目隠し状態でさまざまな行動をする「バードボックスチャレンジ」が大流行。交通事故が起きるなどしたことから、有害なチャレンジやいたずら動画を禁止することが明記された

※5.自殺予防のためのリファレンス
「自殺をセンセーショナルに扱わない」「見出しのつけ方には慎重を期する」「著名な人の自殺を伝えるときには特に注意をする」などの項目があり、その内容は厚生労働省のHPにも掲載されている

【西村博之】
元ニコニコ&2ちゃんねるの管理人。米国最大の掲示板サイト「4chan」の現管理人。フランス在住、たまに日本