数字の水増しは当たり前?(AFP=時事)

写真拡大

「日帝時代の朝鮮人労働者は、不当に安い賃金で過酷な労働に従事させられた」というのが韓国内での通説だ。その裏付けに利用されているのが『半島労務者勤労状況に関する調査報告』(1942年刊)である。『韓国「反日フェイク」の病理学』(小学館新書)の著者でノンフィクションライターの崔硯栄氏が解説する。

「報告書によれば、朝鮮人の賃金は50円未満が75%を占めているのに対し、日本人は50円以上が82%。歴然とした賃金格差があったように見える。しかし勤続年数をみると、朝鮮人労働者は勤続3年以上の人が1人もいないのに対し、日本人労働者は勤続3年以上が45.8%。朝鮮人の賃金が低いのは勤続年数による差であって、同じ勤続年数なら同じ賃金を貰っていた。なかには朝鮮人労働者の賃金のほうが高かったケースも存在しましたが、韓国ではそうした“不都合な数字”は伝えられない」

 慰安婦問題でも、過度に水増しされた数字が事実として広がっている。

「韓国が主張する慰安婦の総数は20万人。しかし、当時の人口は2500万人で、うち20歳から40歳までの女性の数は250万人程度。20万人と仮定すると、12人に1人が慰安婦だったことになる。そんなことはありえない。実際には多くても2万人ほどだとされています」(崔氏)

 被害者の数が大きく水増しされるのは、慰安婦問題に限ったことではない。

「文在寅大統領は今年3月、『3・1独立運動で7500人が殺害された』と演説しましたが、他ならぬ韓国の政府機関が出した推計でも『725〜934人』としています。これは関東大震災における朝鮮人虐殺事件も同じで、韓国側は6000人が殺されたと主張していますが、実際は200〜300人と推算されている。痛ましい事件だったことは間違いないですが、とにかく被害者の数を盛る傾向が強いんです」(崔氏)

※週刊ポスト2019年5月17・24日号