【今週の予想】

☆京都10R 鳳雛ステークス(ダート1800m)

 8頭立てと少頭数ではあるが、楽しみなメンバーが揃った。中でもメイショウアステカに触手が動く。オークスにも登録をしていたが、除外のためこちらに回ってきた。追い切りの動きは軽く走っているようで時計はしっかりと出ており、オークスでも印を打つ予定だったほど状態の良さが目立った。前走は休み明けであったが、3コーナーあたりから早めに突かれる厳しい展開だったにも関わらず、ゴールまでしぶとく伸びて勝利しており、クラスが上がっても十分やれるだけの力があると判断。ここは頭で狙う。

◎メイショウアステカ
○マドラスチェック
▲リワードアンヴァル
△₁ポップフランセ
△₂ハヤブサナンデクン

買い目
【馬単】3点
◎→○▲△₁
【3連複1頭軸流し】6点
◎−○▲△₁△₂
【3連単フォーメーション】9点
◎→○▲△₁→○▲△₁△₂

☆東京11R 優駿牝馬(GI)(芝2400m)

 昨年は掲示板を桜花賞出走馬が独占したが、令和元年のオークスは、桜花賞馬不在の混戦模様を呈している。それでも本命には王道路線を歩んできたクロノジェネシスを推す。これまで5戦3勝2着1回3着1回と複勝圏内100%の本馬。それも2度の敗戦は、出遅れた阪神JF(GI)と、勝負どころでごちゃつき抜け出してくるまでに時間を要した桜花賞(GI)。いずれもGIで、少しの不利やロスでも致命的となってしまう中、複勝圏内を外さないことが能力の高さを物語っている。

 上がりは5戦全てでメンバー中2位以内、終いの脚は堅実で、スムーズな競馬ができれば、今度こそGI馬の称号を手に入れる。相手本線はラヴズオンリーユー。3戦無敗で上がりはすべて最速。それもゴール前では流す余裕の勝利で、まだ全力でレースをしたことがなく、未知の魅力がたっぷり。▲はエールヴォア。以下、フェアリーポルカ、ウィクトーリア、シャドウディーヴァまで。

◎(2)クロノジェネシス
○(13)ラヴズオンリーユー
▲(5)エールヴォア
△(14)フェアリーポルカ
△(12)ウィクトーリア
△(7)シャドウディーヴァ

買い目
【馬単】5点
(2)→(5)(13)(14)
(5)(13)→(2)
【3連複1頭軸流し】10点
(2)−(5)(7)(12)(13)(14)
【3連単フォーメーション】20点
(2)→(5)(13)(14)→(5)(7)(12)(13)(14)
(5)(13)→(2)→(5)(7)(12)(13)(14)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。