米カリフォルニア州で空軍のF16戦闘機が倉庫に墜落/Riverside County Sheriff's office

(CNN)米カリフォルニア州で16日、空軍のF16戦闘機が倉庫に墜落する事故があり、地元病院によると、13人が負傷した。当局は17日、事故機が実弾を搭載していたと明らかにした。

事故は同州ペリスにあるマーチ空軍予備役基地の近くで発生。滑走路の端からすぐの地点に墜落したという。

基地の報道官は、油圧系統の不具合が墜落につながったとの見方を示した。地元病院の医師によると、負傷者のうち3人が依然入院中だが、容体は安定しているという。負傷者はいずれも命に別条はない。負傷者のうち数人は有害なガスやがれきに触れたため除染の処理を受けた。

同基地に拠点を置く第452航空機動航空団の副司令官、トム・マクナマラ大佐は、墜落機の兵装については安全保障上の理由から具体的に言及できないと説明した。F16に関する空軍のデータでは、兵装には500発搭載の機関砲やミサイルが含まれる場合があるとしている。今回の実弾は回収し、適切に処理するという。

空軍によると、事故機のパイロットは墜落前に緊急脱出した。病院に搬送され検査を受けたが、大きなけがはない。入院中の3人の中にパイロットが含まれているかは不明。

倉庫内で運営する会社の最高経営責任者(CEO)は、従業員は全員無事だと確認した。