現役時代のロベカル

写真拡大

元レアル・マドリー所属のロベルト・カルロスがブラジル代表チームについて語り、現在の問題は人々の注目がネイマールに集中していることにあると述べた。

ブラジルの『O Globo』紙のインタビューでロベルト・カルロスは次のように語っている。
「ネイマールは非常に重要な選手であり皆からリスペクトされている。問題は大きなプレッシャーで時々バランスを崩すことだ」

またネイマールによるPSGファンへの暴力行為について、「彼は暴言を受け、あのような反応をした。それが多くの人々の反感を買った。私だったらああいう時どういうリアクションを取るかはわからない。簡単だと思っていた試合を負けた後で...」と語った。

ネイマールとは仲がいいというロベルト・カルロスは次のように述べた。
「彼は友人だ。いつも彼を落ち着かせようと会話をしている。ワールドカップ以後、多くの人々が彼を批判した。しかし我々真の友人は彼をサポートしている」

コパ・アメリカを前に、ロベルト・カルロスはブラジル代表がネイマールだけに責任を負わせてはならないと意見している。
「背中に背負った重荷を減らし責任を分かち合うべきだ。彼は多くの責任を引き受けている。よく考えて、ベテランの選手と責任を分けなければならない。そうすればブラジルチームは再び勝つだろう」