画像提供:マイナビニュース

写真拡大

本連載では、マイナビニュース独自の視点で、ビジネスパーソンにおすすめのラーメン店を紹介している。

今回は海外にも進出しカップラーメンでも販売されている人気の店「AFURI(あふり)」を紹介しよう。JR恵比寿駅から徒歩数分のところにある同店舗は、ラーメン店とは思えないようなスタイリッシュな雰囲気だ。

○こだわりの素材で炊き上げるスープ

AFURIという店名は、丹沢山系の山「阿夫利山」に由来している。その阿夫利山の麓から湧き出る天然水で、国産の丸鶏、魚介、香味野菜で炊き上げられるスープを毎日仕込み、店舗へ届けているという。その日の天候や気温に合わせて計算して作り上げるというこだわりのスープだ。

○柚子が効いた淡麗系らーめん

黄金色の淡麗スープに柚子の香りが広がる「柚子塩らーめん」や、出汁と柚子の香りを醤油の味わいで包んだ「柚子醤油らーめん」、またヴィーガン(完全菜食主義者)向けに野菜をふんだんに使用した「彩り野菜のヴィーガンらーめん」などが提供されている。

店内はカフェバーを思わせるようなカウンター席が設置されており、女性にも入りやすい雰囲気だ。券売機もクレジットカードや電子マネーにも対応しており、現金を持ち合わせていなくても利用できるのがうれしい。

○小麦の香りが楽しめる麺とコクの鶏油

今回は、「柚子塩らーめん(1080円)」をオーダー。スープにコクとまろやかさを添える鶏の上質な脂に香味野菜の香りが効いた「鶏油(ちーゆ)」の量が選べ、通常量の「淡麗」と少し多目の「まろ味」が選べる。

トッピングは、店内で炭火で炙ったチャーシューに水菜、半熟玉子にメンマ、海苔が添えられる。なお炙りチャーシューは、脂の少ない胸肉を使ったヘルシーな鶏チャーシューに変更も可能だ。麺は、国産の全粒粉とライ麦を配合した細麺で、まるで蕎麦のように麦の香りがしっかり感じられる。あっさりしたスープとの相性もよく、しつこさのない爽やかな口当たりだ。

駅からも近く、深夜早朝まで営業している「AFURI」恵比寿。ハンガーや紙エプロンも用意してあり、スーツでも安心して利用できる。

あっさり度:★★★★★

こってり度:★☆☆☆☆

ビジュアル:★★★★☆

ボリューム:★★☆☆☆

価格             :★★☆☆☆

●店舗情報

「AFURI」恵比寿

住所:東京都渋谷区恵比寿1-1-7 117ビル 1F

営業時間:11:00〜翌05:00

○執筆者プロフィール:石津 祐介(いしづ ゆうすけ)

グルメ、旅行、アウトドア、ファッションとジャンルを問わず幅広く取材を行うライター&カメラマン。ミリタリーとエアラインが得意分野で、専門誌などで活動中。無類の麺類好きで、至高の一杯を求めて日本はもとより海外にも麺探しの旅に。執筆記事はこちら