(写真)万国津梁会議について発表する玉城デニー知事=17日、沖縄県庁

写真拡大

 沖縄県の玉城デニー知事は17日、県庁での定例記者会見で、沖縄の重要政策や将来像について有識者から意見を聞く「万国津梁(ばんこくしんりょう)会議」の「人権・平和分野」を立ち上げ、在沖米軍基地の整理縮小等について重点的に議論する第1回の会議を、30日に開くことを発表しました。

 同会議の立ち上げはデニー知事が昨年の知事選で掲げた主要公約の一つ。今年度内に会議を4回程度行い、委員となった有識者らから出された意見・提案をデニー知事らが精査し、県の政策や取り組みに反映させていくとしています。

 人権・平和分野の委員には、マイク・モチヅキ米ジョージ・ワシントン大学准教授、野添文彬沖縄国際大学准教授、元外務省国際情報局長の孫崎享氏、元内閣官房副長官補の柳沢協二氏、山本章子琉球大学講師の5人が就任します。

 デニー知事は「委員の皆さまには、沖縄の置かれている厳しい状況や国際情勢の変化などを踏まえた上で、在日米軍の駐留の在り方、在沖米軍、特に海兵隊の駐留の必要性を再検討する中で、在沖米軍基地の整理縮小に向けた議論をお願いしたい」と述べました。

 今後も経済や教育福祉、自然・文化などの分野別に委員を新たに選び、議論していく予定です。

 デニー知事は「私が掲げる『新時代沖縄』の政策構築、政策推進において有識者から意見を聞くことが、万国津梁会議の設置目的」だと強調しました。