長澤まさみ×東出昌大×小日向文世

写真拡大

 「性格が合うのか、相性がいいのか……。3人だから生まれたものが大きい」と、笑顔で語った長澤まさみ。3人とは、テレビドラマ「コンフィデンスマンJP」で共演した長澤、東出昌大、小日向文世だ。人気脚本家・古沢良太が“コンゲーム”をテーマに書き下ろしたオリジナルドラマが劇場版として5月17日から公開。スケールの大きいさらなる騙し合いが繰り広げられるが、3人にとって本作は現場を重ねれば重ねるほど難しさは増し、「もっと」と意欲がたぎるのだという。(取材・文:磯部正和 写真:江藤海彦)

 長澤演じるダー子、東出扮するボクちゃん、そして小日向のリチャード。それぞれのバックヤードは劇中、ほぼ描かれていない。別人になりきり、“オサカナ”と呼ぶターゲットを網にかけていくキャラクター像は、「目に見えるものが真実とは限らない」を体現しているとさえいえる。

 長澤は「自分なりに『ここはこれぐらい』とコントロールしてお芝居をするのですが、相手との関係性が作品のテイストになっている部分が多いので、なかなかイメージ通りにいかない。もっとブラッシュアップしていけば、さらに騙し合いが面白くなっていくし、いまはまだ序章に過ぎないのかなと思うんです」とキャラの難易度に加え、その伸びしろの大きさを語る。東出も「キャラクターに表裏があるので、どちらのお芝居をやっても正解。リアリティをとるのかエンタメにふるのか」と、その都度ボクちゃんという役どころを調整しているという。

 長いキャリアを誇る小日向も、演じるキャラの背景が描かれていないことに触れると「どうやってリアリティを持たせるかを考えつつ、そこに気をとられ過ぎると辛気くさくなるから難しいよね」と苦笑いを浮かべる。続けて「基本的には喜劇」と位置づけたうえで、「つい現場ではしゃいじゃうんだけれど、古沢さんに『リチャードってもっと紳士的だった』と言われ『俺はかなりズレていたんだ』って思うわけです。まだまだつかみきれていないのですが、すごく楽しいし、もしかすると役者人生のなかでめったに出会えない役をいただけているのかも」と表情が輝く。

 連続ドラマ10話を経ての映画化。役とともに過ごした時間は長く、作品は熱狂的な支持を受けた。しかし3人とも、「なかなかつかみどころがない」と口をそろえるのだ。長澤は「コメディって成功の方程式があるわけではない。大切なのは、相手との関係。その意味では、すごく相性のいい3人だったからこそ、生まれたものがあったのかもしれない」と撮影を振り返る。

 その言葉に東出も大きく頷き、「面白かったのは、この3人は全員末っ子なんです。底抜けに明るいし、現場で本当に伸び伸びやっていましたよね。(共演の)江口洋介さんが、香港でご一緒したとき『こういう楽しい現場はいいな。めしがうまい』と言っていました」とエピソードを披露。小日向も賑やかな現場に、「まさみちゃんや東出くんと僕は、30歳以上違うのですが、やっていると同い年ぐらいの感覚になっちゃう。すごく引っ張られるし楽しい」とチームワークの良さを強調する。

 そんな相性抜群の3人。それぞれにどんな魅力を感じているのだろうか。大ベテランの小日向は「東出くんもまさみちゃんも一緒に芝居をしていて感性が羨ましいと感じるんです」と明かす。「ダー子という役は誰でもできるものではない。それをしっかりと確立し『長澤まさみにしかできない』と感じさせる。もう代表作と言ってもいいと思う」と賛辞を惜しまない。東出に対しても、「圧倒的なスタイルの良さがありますよね。それは絶対にかなわない。それをもってして朴訥に演じたり、スマートに演じたり……。素晴らしい」と羨望の眼差しを寄越した。

 一方の長澤は、小日向に「笑いは百発百中。いま弱かったかなと思う部分でも、全部プラスマイナスゼロにしてくれるんです。本当に助けられています」と感謝を述べる。東出も「先輩の背中を見て学ぶことが多い。あるときも、小日向さんが敢えてなにもしない芝居を選ぶことがあったので『なんでそうしたんですか?』とお聞きしたら『舞台はお客さんの目をこちらに向けないといけないけれど、映像はカメラがこちらを見てくれるからなにもしなくていいときもあるんだよ』と的確なアドバイスをいただきました」と最敬礼だ。発見も多い小日向との現場は、かけがえのない時間なのだという。

 劇場版では、この3人のほか竹内結子、三浦春馬ら豪華俳優陣が参戦し、香港を舞台に大規模かつ衝撃的な“騙し合い”が繰り広げられる。ネタバレは厳禁。内容にはあまり触れられないが、「コンフィデンスマンJP」ファンをも唸らせる痛快かつダイナミックなストーリーが、のべつ幕なしに展開する。ドラマ、映画、そしてスペシャルドラマ(5月18日放送)と重ねてきたが、長澤らは「まだまだ」と、作品が発展途上であることを示唆する。

 長澤が「もうちょっと一緒に仕事がしたいですね」と瞳を輝かせると、小日向も「古沢さんの世界を突き抜けたいのに、まだ踊らされている感覚がある。もっと極めたい」と応じる。東出は「ボクちゃん、ダー子、リチャードともっと芝居をしたい」と、期待せずにはいられない言葉でインタビューを締めくくった。