メイ英首相/Jack Taylor/Getty Images

ロンドン(CNN)英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる与党・保守党と最大野党・労働党の協議が17日、決裂した。英政治は一段と混迷を深めている。

労働党のコービン党首はメイ首相宛ての書簡で、「可能な限り」協議を進めたものの、与野党が「重要な政策に関する溝」を埋めることができなかったと述べた。

2カ月近く続いた協議の目的は、議会承認が期待できる離脱案の合意に至ることだった。だが、その過程で双方の議員がいら立ちを募らせ、合意の可能性が遠のいていた。

メイ氏は近く党首の辞任時期を発表する予定で、労働党内からメイ氏を支援する機運は消えてきている。

協議決裂を受け、英国のEU離脱への道のりは一段と不透明になった。現行の離脱期限は10月31日だが、現時点では議会で過半数を得る離脱案がまとまる可能性はほとんどないとみられる。

コービン氏は書簡で、協議決裂はメイ政権のもろさが原因だと指摘。たとえ合意に達したとしても、後任党首により破棄される可能性があると警告した。

一方、メイ氏はEU離脱をめぐる労働党内の亀裂に言及し、「離脱を実現したいのか、それを覆す可能性がある2度目の国民投票を実施したいのか、労働党内が一枚岩でない現状を克服できなかった」としている。

協議決裂により、EU離脱をめぐる英国の政治的危機はさらに続くことが確実となった。メイ氏は6月上旬、自身の離脱案を4度目の採決にかける予定。

16日には、6月の採決後にメイ氏が退陣に向けたスケジュールを示す方針も確認された。次期首相を選ぶことになる党首選が今夏に行われる見通しで、政局はまたしても不透明になりそうだ。