「少女邂逅」枝優花監督がスチールを
担当したポスター

写真拡大

 女優の南沙良が主演を務め、大崎章監督(「お盆の弟」)がメガホンをとる「無限ファンデーション」が、8月24日から全国公開されることが決定。あわせて「少女邂逅」の枝優花監督がスチールを担当したポスタービジュアルが披露され、同作誕生のきっかけにもなった楽曲「未来へ」(シンガーソングライター・西山小雨)のMV制作プロジェクトも始動することがわかった。

 音楽と映画の祭典「MOOSIC LAB 2018」長編部門の女優賞とベストミュージシャン賞を獲得した本作は、全編が即興芝居によって構築された青春映画。人付き合いが苦手な女子高生・未来(南)は、 服飾デザイナーになる夢を胸に秘め、退屈な日々を過ごしていた。そんなある日、ウクレレを弾きながら歌う不思議な少女・小雨(西山)と出会い、さらに未来の服のデザインに興味を示したナノカ(原菜乃華)から、衣裳スタッフとして演劇部に誘われる。戸惑いつつも心を開いていく未来。やがて、彼女たちのひと夏は思いがけない方向へと走り出していく。

 本作の始まりは、大崎監督が西山から「未来へ」のMVを作りたいという話を受けたこと。その後、大崎監督は松本花奈監督(「21世紀の女の子」「脱脱脱脱17」)にプロットを書いてもらい、「MOOSIC LAB 2018」に映画化の企画を持ち込んでいた。MV制作プロジェクトは、クラウドファンディングのプラットフォーム「MotionGallery」(https://motionGgallery.net/projects/mugenGfoundation)で資金を募集中。目標金額は100万円に設定されており、完成した作品は西山の単独ライブ(8月10日)で披露される予定だ。

 物語をけん引した南は「台本がない中で作られた『無限ファンデーション』の物語を、これからご覧になられる方がどんな想いで受け取ってくださるのか、今からとても楽しみです。この映画で、あなただけの感情や言葉と出合えますように」とメッセージ。原案となった「未来へ」は「私にとっておまじないのような音楽」と言い表し「夢を持つことはきっととても素敵なことだけど、時に呪いと変化してしまうことだってあるかもしれない。 その一瞬一瞬の変化を肯定して、自分に繋がっている鎖を解いてくれるこの自由な音楽が、music videoでどんな風に表現されるのか楽しみです」と語っている。

 大崎監督は「台本は粗筋しかなく、その場面、その沈黙、その瞬間に発せられたありのままの言葉、言いたくてもなかなか言葉に出来ない苦しさ、表情、空気、光、影、はまさにリアルで、それぞれの違った輝きを秘めた宝石であり原石である未来の日本映画界を担う若い俳優たちを中心にそれを捉えるスタッフ全員で一丸となって完成させました」と述懐。一方、西山はMV制作プロジェクトについて「私は、もっと多くの人に私を知ってもらいたい。そして、この大切な歌をもっと多くの人に聴いてみてもらいたいのです。それも、出来るなら『無限ファンデーション』で歌の無限の可能性を改めて感じさせて下さった大崎監督の映像と共に」とコメントを寄せている。

 「無限ファンデーション」には、小野花梨、近藤笑菜、日高七海、池田朱那、佐藤蓮、嶺豪一、片岡礼子も出演。8月24日から東京・新宿K's cinemaほか全国で順次公開。