ナビヤ・アルマ

写真拡大

ソフトバンクの子会社であるSBドライブは、5月22日から24日まで開催される「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2019横浜」の運転席がないフランス・ナビヤの自動運転EVバス『ナビヤ・アルマ』の展示と試乗会を実施すると発表した。

「主催者企画展示」コーナーの協力企業とし出展・試乗を実施するもので、自動運転バスの社会受容性の拡大を目指す。

また、SBドライブが開発している遠隔で自動運転バスの運行を管理する自動運転バス運行プラットフォーム「ディスパッチャー」も紹介する。これを通して、試乗会で走行する「ナビヤ・アルマ」の走行状況や車内の映像をリアルタイムで見ることができる。

SBドライブは7月17日から19日の3日間開催される「人とくるまのテクノロジー展2019 名古屋」でも「主催者企画展示」コーナーの協力企業として「ナビヤ・アルマ」を展示する。