今季エース格の前田健太(C)ロイター/USA TODAY Sports

写真拡大

 西の名門球団に所属する日本人右腕が好調だ。

昨季最多勝カープ大瀬良は先輩マエケンの“野球脳”が参考書

 ドジャース・前田健太(31)が15日(日本時間16日)のパドレス戦で5勝目(2敗)をマーク。韓国人左腕の柳賢振と並ぶチームの勝ち頭で、ダイヤモンドバックス・グリンキー(6勝1敗)らに次いでリーグ3位タイだ。

 今季の前田はエース左腕カーショーが負傷者リスト(IL)入りしたこともあり、開幕からローテに定着。ここまで9試合(計51・1回)で、防御率3・51と、まずまずの投球を披露している。1試合当たり6・25点と打線の援護を受けており、10日間の負傷者リスト(IL)入りする見込みであることが分かったものの、昨季の8勝をクリアするのは時間の問題だ。

「持ち球であるスライダーを効果的に使えているのが今季好調な要因でしょう。この調子を維持できれば、昨季までのようにレギュラーシーズン途中に中継ぎに回されるとは考えにくい。強力打線にも支えられ、20勝する可能性もあると思う」(スポーツライター・友成那智氏)

 前田の契約には約3億3000万円の年俸に加え、先発試合数や登板イニング数などに応じて出来高払いが盛り込まれている。項目の全てをクリアすれば、最大で年間約14億4000万円を手にする。メジャー1年目は32試合に先発、計175・2回に登板し、年俸約13億2700万円を稼いだ。

 20勝はともかく、このままローテに定着すれば、前田の稼ぎはいくらになるのか。

 今後、前田が中4日のローテ通りにマウンドに上がれば、残り23試合に登板し、合計で32試合に先発する計算になる。ここまで1試合平均約6回を投げており、このペースでいくと、年間192イニングに達する。

 開幕ロースターボーナスの他、先発ボーナス、イニングボーナス、約3億3000万円の基本年俸と合わせて13億6000万円を手にすることになる。

 チームは現在、2位ダイヤモンドバックスと4・5ゲーム差でナ・リーグ西地区首位に立っている(15日終了時)。前田はチームの地区7連覇に貢献して初年度の稼ぎを上回るかもしれない。