ついにゴールインか(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 交際発覚から4カ月。人目もはばからず新幹線でお泊まり旅行を満喫――。

深田恭子の新恋人が専属ドライバーを募集中 その待遇は?

「女性セブン」が報じた深田恭子(36)と不動産会社シーラホールディングスの杉本宏之会長(41)との“金沢1泊デート”。記事によると、ふたりは、連休明けの5月8日から有名旅館に宿泊。結婚前のカップルがよく受診するという、1人100万円する人間ドックを受け、魯山人も絶賛した老舗料亭で郷土料理に舌鼓を打ったという。1泊した後、北陸新幹線のファーストクラスにあたる「グランクラス」で帰路に就いた。

 同誌は、ふたりが手をつないで古都を歩く様子や、新幹線の座席で見つめ合って仲むつまじく話す様子の写真も掲載。フカキョンの左手薬指には指輪が確認できる。また、4月上旬、銀座の超高級ジュエリーブランド「ハリー・ウィンストン」でのふたりの目撃談や「ふたりは確実に“次のステップに”進んでいます。彼から婚約指輪もプレゼントされたようです」と深田の知人の証言も取っている。スポーツ紙芸能記者はこう話す。

「亀梨和也との2年間の交際は何度も“結婚間近”と報じられ、おそろいの指輪までしていましたが、結局破局しました。“恋愛体質”のフカキョンは即座に次の彼として杉本氏を選んだわけです」

 動画配信サービスの「SHOWROOM」の前田裕二社長(31)との交際が取り沙汰されている同じホリプロ所属の石原さとみ(32)に比べ、その堂々たる交際ぶりは、結婚に向けて“一歩リード”しているように見える。しかし、ワイドショー芸能デスクはこう話す。

「36歳という年齢的なこともあり、芸能マスコミはすぐに結婚と色めき立ちますが、今までの彼女の経緯からして、即座に何かあるとは考えにくい。彼女もその気になっているとは思えませんけどね。彼女はこの夏のドラマも主演で、数字も十分に持っていますし、CMも多数あり、今後もスケジュールはいっぱいです。本人も事務所もテレビ局も、今、十分に稼げる状態であることを分かっているはずなんですよ」

 しかし“強行突破”の「デキちゃった婚」もあるのでは……。

「大人ですから事務所にとって恋愛は自由でしょう。しかし結婚となると話は違ってくる。彼女のクラスになると、結婚もビジネスになりますから。いずれにせよ、本人も事務所も十分に準備して、タイミングを計ってするものですから」(前出のワイドショー芸能デスク)

 三十路半ばを過ぎても、中高年男性から根強い人気を誇るフカキョンだけに、“熱愛報道”が出るたびに、結婚の行方が注目されてしまうのだが。