日本でも浸透してきたキャッシュレス決済。でも、財布を持たず外出するにはまだまだ不安を感じるという人も少なくないはず。

そんな日本に比べて中国では、ことキャッシュレスにおいては、だいぶ先をいっている様子。

先日、旅行で訪れましたが、普及度合いは想像以上。現地では驚くことに、ホームレスまでキャッシュレス化しているとの情報を聞きました。彼らは自分のスマホにバーコードを表示して、それを読み取ってもらうことで金銭的支援を受け取ることができるのだとか。

今回の旅行で直接目にすることはできませんでしたが、中国へ行く機会が多いわたしの母親は、そのような光景を何度も目にしたと言います。

隣国のキャッシュレス事情は、すでに物乞いの仕方にまで変化をもらすほど深くなっているようです。

とにかく中国では「現金を使うのが恥ずかしい」とさえ感じるほど。スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシュレス決済が可能……というか当たり前のように利用され、それが“普通”なことのよう。

支払い方法も簡単で、店頭で表示されているバーコードをスマホで読み取るだけ。試してみましたが、中国語がわからなくても簡単にできました。

もはや現金でやりとりしている光景を見ることの方が珍しいのが、中国だったんです。

Top image: © iStock.com/franckreporter