MONO派こそ見てほしい! 最強のまとまる消しゴムランキング36選【完全保存版】

写真拡大 (全88枚)

ひとえに「消しゴム」と言っても、ペンタイプや砂消しなどさまざまな種類があります。消しゴムに求めることとして、よく消えるのは大前提ですが、消しカスが散らない、軽いなど機能性が高いとさらに使いやすいですよね。そこで今回は、おなじみの銘柄から特殊な形状まで、文房具店の消しゴムを買い占めて一斉テストを実施。よく消えてまとまるおすすめの消しゴムランキングを選び方とあわせてご紹介します。


MONO、レーダー、まとまる…
最強の消しゴムはどれだ?



消しゴムといえば、青・白・黒のストライプのデザインのMONOを思い浮かべる方も多いかと思います。しかし、MONOだけでなく、今や実にさまざまな種類の消しゴムが登場し、機能性も高くなっています。

ともすると、消しゴムに求めることは消しやすさだけではありません。では、どういった点に注意して選べばよいのでしょうか?


消しゴム選びはまとまりやすさと
消し心地の軽さに注目です!


数多くある消しゴムの中から「よく消えてまとまる消しゴム」を選ぶポイントは、大きく3つあります。

[ポイント1]消字性(消しやすさ)



消しゴムの機能でまず重視したいのは、当然ながら「消しやすさ」です。かつては「黒い消しゴムは消えにくい」といった噂もありましたが、現在は配合が工夫され、ほとんど違いに気付かないほどに改良されています

おすすめはMONOなどに代表される学習用消しゴムですが、今回テストした36製品は学習用消しゴムを中心に選んでいることから消字性はどれも優秀でした。そのため、今回は評価の基準には入れていません。

消えやすい消しゴムを探したい時は、学習用消しゴムから選ぶのをおすすめします。

[ポイント2]まとまりやすさ



次に重要なのが、消しカスの「まとまりやすさ」です。消した後の消しカスが多いと机の上を汚してしまい、ストレスになってしまいます。

今回36製品を比較しましたが、この「まとまりやすさ」については製品によって違いがあることがわかりました。

[ポイント3]軽さ



最後に押さえておきたいのが「軽さ」です。消す作業は力が必要なことから、消す時に紙と擦れる摩擦の軽さも大切になってきます。

広範囲を消したい時はさらに擦る力が必要になってくるため、特に重視したいポイントです。

以上の3つの選び方のポイントを踏まえたところで、「よく消えてまとまる消しゴム」を探すべく、おなじみの銘柄から特殊なサイズまで、文房具店の消しゴム36製品を買い占めて一斉テストを行いました。



テスト方法は、スケッチブックを全面HBの鉛筆で塗りつぶし、消しゴムで約25僉2僂困直辰靴燭箸に出た消しカスを集めて比較。また、紙との摩擦による消し心地の軽さを比べました。

テストの結果、消字性には若干の差異はありましたが、消しカスのまとまりについては目視できるほどに違いが生まれました。

それでは早速、36製品をテストした結果をおすすめ順にランキングでご紹介します!


1位パイロットクリーンイレーザー
消しカスの飛び散りにくさは断トツ



パイロット
クリーンイレーザー
実勢価格:86円


見事1位に輝いたのが、パイロット クリーンイレーザーです。燃やしても有害な塩素ガスやダイオキシンが発生しないエラストマー樹脂を使用しています。減るスピードは早いですが、消しカスの飛び散りにくさは断トツでした。



[まとまりやすさ:評価◎][軽さ:評価○]


消しカス自体に粘り気があり、しっとりとした不思議な感触で消しカスがみるみる繋がっていきます。消している最中から自然とまとまるので、捨てるときに飛び散らずスムーズ。可燃ゴミで捨てられるのもいいです。


2位トンボ鉛筆 モノもっとあつまる
商品名は伊達じゃない集まりやすさ



トンボ鉛筆
モノ もっとあつまる
実勢価格:73円


2位はトンボ鉛筆 モノ もっとあつまるです。その名のとおり、消しカスがあつまるのがウリとなっています。



[まとまりやすさ:評価◎][軽さ:評価○]


まとまりやすさも軽さも1位のパイロットに引けを取っていません。消しカスはコシがあり、もっちりとした学習消しゴムらしい感触でした。


3位はぺんてる Ainまとまるタイプ
消しカスがあつまる学習消しゴム



ぺんてる
Ainまとまるタイプ
実勢価格:75円


3位はぺんてる Ainまとまるタイプ。Ainシリーズの中でも消しカスがまとまるタイプです。



[まとまりやすさ:評価◎][軽さ:評価○]


消しカスが繋がってよくまとっています。コシが強くなめらかな消し味で広範囲を消しても疲れにくいです。


4位ヒノデワシ 黒色のまとまるくん
黒い消しカスは見やすく掃除が簡単



ヒノデワシ
ブラックまとまるくん
実勢価格:108円


4位はヒノデワシ ブラックまとまるくん。消しゴムが黒いので消しカスも黒くて見やすく、掃除するのにわかりやすいです。



[まとまりやすさ:評価◎][軽さ:評価○]


まとまる消しゴムの代名詞とだけあって、集まりやすさは◎でした。


5位はプラス AIR-IN SOFT
濃い鉛筆を消しやすいです



プラス
AIR-IN SOFT
実勢価格:64円


5位はプラス AIR-IN SOFT。AIR-INシリーズの中でもやわらかく包み込んで消すソフトタイプです。



[まとまりやすさ:評価◎][軽さ:評価○]


消しカス自体はやわらかでややコシがあります。濃い鉛筆を消しやすいです。


6位は三菱鉛筆 まとまるタイプ
もっちりした感触で紙に吸い付く!



三菱鉛筆
まとまるタイプ
実勢価格:45円


6位は三菱鉛筆 まとまるタイプ。こちらも消しカスがまとまるタイプとなっています。



[まとまりやすさ:評価◎][軽さ:評価○]


消し心地はもっちりとした感触で紙に吸い付くイメージ。学習用にいいでしょう。


7位トンボ鉛筆 モノダストキャッチ
消しカスが本体にくっつきます



トンボ鉛筆
モノ ダストキャッチ
実勢価格:76円


7位はトンボ鉛筆 モノ ダストキャッチ。おなじみのモノシリーズがようやくランクインしました。消しカスが本体にくっつくことから「消しクズをキャッチ」とされています。



[まとまりやすさ:評価◎][軽さ:評価◎]


実際に消してみたところ、やはり、消しカスが本体に吸い付いたまま消し続けられました。


8位はシード KESUGOMU
ユニークな形でも意外とまとまる



シード
KESUGOMU
実勢価格:162円


8位はシード KESUGOMU。消しゴム本体の形が「消」の文字となっていてユニークです。



[まとまりやすさ:評価◎][軽さ:評価◎]


消しゴムが黄色いので消しカスも黄色く、非塩ビ製で意外とまとまりやすいです。


9位はコクヨ リサーレ プレミアム
疲れにくく消し心地が軽い!



コクヨ
リサーレ プレミアム
実勢価格:103円


9位はコクヨ リサーレ プレミアム。特殊発砲体製法を使用したリサーレのプレミアムシリーズの中でも黒は汚れが目立ちにくいストロングカラーです。



[まとまりやすさ:評価◎][軽さ:評価◎]


最も疲れにくく、消し心地の軽さを強く実感できる消しゴムです。まとまりやすさでは9位になりましたが、総合力としてはとても優秀でした。


10位はトンボ鉛筆 モノ ノンダスト
消しカスが一本に連なりやすい



トンボ鉛筆
モノ ノンダスト
実勢価格:96円


10位はトンボ鉛筆 モノ ノンダスト。消しカスがまとまるタイプのノンダストは、消しカスを指でつまんで捨てられるため机や紙面が汚れないとのことです。



[まとまりやすさ:評価◎][軽さ:評価◎]


ノンダストというウリどおり、消しカスが一本に連なりやすかったです。抵抗感は少なめでした。


11位フォーム イレーザー
コシが強くまとまる王道の消しゴム



パイロット
フォーム イレーザー
実勢価格 :86円


11位はパイロット フォーム イレーザー。フォームという特殊発砲体の採用で「軽く消せる」「消しカスがまとまる」を両立しています。



[まとまりやすさ:評価○][軽さ:評価○]


王道の学習用消しゴムらしい、コシの強さとまとまりがあります。


12位はトンボ鉛筆 モノ 消しゴム
定番のまとまりやすさで安心です



トンボ鉛筆
モノ 消しゴム
実勢価格:43円


12位にはおなじみのMONOが登場! 1969年の発売以来、青白黒のストライプデザインで愛されるスタンダードな消しゴムです。



[まとまりやすさ:評価○][軽さ:評価○]


関東圏の人なら使った覚えがある定番のまとまりやすさです。


同12位はシード レーダーS-100
消し心地の基準となるもっちりさ



シード
レーダー S-100
実勢価格:77円


同じく12位はシード レーダーS-100。マイルドな消し味と幅広いサイズ展開が魅力です。



[まとまりやすさ:評価○][軽さ:評価○]


消し心地の基準となるもっちりさです。関西圏ならこちらが定番かもしれません。


14位トンボ鉛筆 モノ消しゴム黒
まとまり具合と軽さはモノと同等



トンボ鉛筆
モノ 消しゴム[ブラック]
実勢価格:64円


14位はトンボ鉛筆 モノ消しゴム[ブラック]。11位のモノ消しゴムのブラック版で汚れに強いブラックボディです。



[まとまりやすさ:評価○][軽さ:評価○]


通常のモノ消しゴムと同程度のまとまり具合と軽さでした。


15位はプラス AIR-IN
軽い力でカドで消せる感触です



プラス
AIR-IN
実勢価格:64円


15位はプラス AIR-IN。こだわりのAIR入りで、いつもカドで消せる感触がうれしいです。



[まとまりやすさ:評価○][軽さ:評価◎]


硬めなので軽い力で消せます。カドで消すのが好きな人におすすめです。


16位は三菱鉛筆 かきかた なめらか
なめらかに消せるもポロポロに



三菱鉛筆
かきかた なめらか
実勢価格:75円


16位は三菱鉛筆 かきかた なめらか。なめらかな消し感が特徴で、濃いめの鉛筆に最適です。



[まとまりやすさ:評価○][軽さ:評価○]


特殊オイル配合で他とは違う、スルスル感がありましたが、消しカスはポロポロ気味でした。


17位はサクラクレパス アーチ
消し心地ハードでまとまります



サクラクレパス
アーチ
実勢価格:57円


17位はサクラクレパス アーチ。ケースの前部がアーチ形状になっていて、すべりにくく軽い力で消せます。



[まとまりやすさ:評価○][軽さ:評価○]


ややハードな消し心地でまとまりはまあまあ。折れにくいケース付きです。


18位はプラス AIR-IN HARD
消しカスにややばらつきあり



プラス
AIR-IN HARD
実勢価格:108円


18位はプラス AIR-IN HARD。AIR-INシリーズのハードタイプで、軽い力でサラッと消せます



[まとまりやすさ:評価△][軽さ:評価◎]


硬めで狭い箇所を軽い力で消すのに特化しています。消しカスにはややばらつきがあります。


19位はプラス W AIR-IN HARD
消字性がよくもっちり系の消しカス



プラス
W AIR-IN
実勢価格:55円


19位はプラス W AIR-IN。2種類のエアーを配合し、より軽いタッチを実現しています。



[まとまりやすさ:評価△][軽さ:評価○]


18位のAIR-IN HARDよりややもっちり系。とくに消字性に優れています。 


20位ぺんてる Ain軽く消せる
軽い力で消せてカスは少なめ



ぺんてる
Ain 軽く消せるタイプ
実勢価格:45円


20位はぺんてる Ain 軽く消せるタイプ。軽い力ですばやく消せるので、テスト中などに大活躍します。



[まとまりやすさ:評価△][軽さ:評価◎]


やや硬めで軽いタッチで消せます。消しカスは少なめです。


21位サクラクレパス ピュアスリム
細かい所も消せてまとまりもよし



サクラクレパス
ピュアスリム
実勢価格:162円


21位はサクラクレパスピュアスリム。スティックタイプで細かい所まで消せます。



[まとまりやすさ:評価△][軽さ:評価◎]


ピンポイントで文字を軽く消せます。そこそこのまとまり具合です。


22位ぺんてるAin 黒色 軽く消せる
消しカスがやや紙に吸い付く印象



ぺんてる
Ain BLACK 軽く消せるタイプ
実勢価格:58円


22位はぺんてる Ain BLACK 軽く消せるタイプ。スタイリッシュなブラックボディで消しゴムに付いた汚れが目立たちません。



[まとまりやすさ:評価△][軽さ:評価◎]


Ainシリーズの軽く消せるタイプとほぼ同じですが、こちらはやや紙に吸い付く印象があります。


23位はシード レーダー ライン
ギザギザが効いて軽く消せます



シード
レーダー ライン
実勢価格:130円


23位はシード レーダー ライン。厚さ5mmのギザギザカットは紙面に触れる面積が少ないため、軽く消せます。



[まとまりやすさ:評価△][軽さ:評価◎]


ギザギザ面で消すとさらに軽く消せます。薄型ですが、ややもっちりしています。


24位はトンボ鉛筆 モノ ライト
摩擦感が少なくカスがバラつきます



トンボ鉛筆
モノ ライト
実勢価格:41円


24位はトンボ鉛筆 モノ ライト。定番モノより軽い力で消せるライトタッチの消しゴムです。



[まとまりやすさ:評価△][軽さ:評価◎]


軽い消し心地に特化していて摩擦感が少ないですが、消しカスはバラつきます。


25位はトンボ鉛筆 モノ エアタッチ
軽いタッチで消せてカスが細かめ



トンボ鉛筆
モノ エアタッチ
実勢価格:86円


25位はトンボ鉛筆 モノエアタッチ。紙面との摩擦を低減する中空マイクロカプセルと特殊オイルの働きで、軽い力で消せます。



[まとまりやすさ:評価△][軽さ:評価◎]


モノ ライトよりもさらに軽いタッチで消せます。消しカスが細かくなりました。


26位はシード アナタス
若干やわらかめで独特の消し感です



シード
アナタス
実勢価格:76円


26位はシード アナタス。本体にポコポコと15個の通し穴が空いていて、20本の溝が入った形状が特徴的です。



[まとまりやすさ:評価△][軽さ:評価◯]


通し穴があるため、消しゴムの先が丸くなっても消し味が変わりにくいのがユニーク。若干やわらかめで、独特の消し感といえます。


27位はトンボ鉛筆 モノスマート
使いやすいけどカスが散らばります



トンボ鉛筆
モノ スマート
実勢価格:86円


27位はトンボ鉛筆 モノスマート。5.5mmと薄いので、ノートの1行消しに最適です。



[まとまりやすさ:評価△][軽さ:評価◎]


ノートの罫幅に合わせたサイズは便利。硬めで、消しカスは散らばります。


28位トンボ鉛筆 もっとかる〜く
紙がシワになりにくいけど粉っぽい



トンボ鉛筆
モノ もっと かる〜く消せる
実勢価格:97円


28位はトンボ鉛筆 モノ もっと かる〜く消せる。その名のとおりかる〜く消せるので、テスト用紙やノートがシワになりにくいです。



[まとまりやすさ:評価△][軽さ:評価◎]


ノートのシワを作りにくい抵抗感の少なさがウリですが、粉っぽいです。


29位はぺんてる MARK SHEET
カスはまとまるもポロポロ崩れます



ぺんてる
MARK SHEET
実勢価格:218円


29位はぺんてる MARK SHEET。さらっとパウダーを配合していて、軽い消し心地です。



[まとまりやすさ:評価△][軽さ:評価◎]


ある程度はまとまりますが、カスがポロポロ崩れていきます。軽い消し心地ではあります。


30位はぺんてる Ain CLIC
軽く消せるけどカスがまとまらず



ぺんてる
Ain CLIC
実勢価格:129円


30位はぺんてる Ain CLIC。三角形の形をしたホルダータイプのノック式消しゴムです。



[まとまりやすさ:評価△][軽さ:評価◎]


消し幅が選べる三角形のペン先で軽く消せますが、まとまりにくいです。


31位コクヨ リサーレサイドノック
こする感覚で消せてカスが細かい



コクヨ
リサーレサイド ノック
実勢価格:173円


31位はコクヨ リサーレ サイド ノック。サイドノック式で持ち替えずにボタンが押せて、狙った所だけを消すことができます。



[まとまりやすさ:評価△][軽さ:評価◎]


5×2.5个龍忘戰撻鷏疹辰轡乾爐如△海垢覺恭个之擇消せます。


32位はトンボ鉛筆 モノ ゼロ
ペン先が潰れやすいのが気になる



トンボ鉛筆
モノ ゼロ
実勢価格:365円


32位はトンボ鉛筆 モノ ゼロ。ピンポイント消しの性能が高く細部修正ができるため、作業効率が上がります。



[まとまりやすさ:評価×][軽さ:評価◯]


ピンポイントで一文字を狙って消せますが、ペン先が細いため潰れやすいです。筆圧が強い人は、同じスティック型でも太めを選ぶのがいいでしょう。


33位はぺんてる Ain SALA
当てるだけで消せる硬めタイプ



ぺんてる
Ain SALA
実勢価格:108円


33位はぺんてる Ain SALA。狙った所だけを消せる薄型4.5mmのスリムボディで、ペンケースにもすっきり収納できます。



[まとまりやすさ:評価×][軽さ:評価◎]


摩擦感が少なく、当てるだけで消せます。硬めが好きな人におすすめですが、まとまりにくいのでご注意を。


34位三菱鉛筆SUPER ERASER
もっちりでカスはまとまりにくい



三菱鉛筆
SUPER ERASER
実勢価格:87円


34位は三菱鉛筆 SUPER ERASER。サイドの糸を引っ張って紙を破ると新しい消しゴムが出る、スティック状の事務用紙巻き消しゴムです。



[まとまりやすさ:評価×][軽さ:評価◯]


ややもっちりとした感触。φ7.2个妊痢璽醗豺塋を狙いやすいです。


35位はトンボ鉛筆 モノ 砂消しゴム
消しカスが砂っぽくまとまりません



トンボ鉛筆
モノ 砂消しゴム
実勢価格:108円


35位はトンボ鉛筆 モノ 砂消しゴム。珪砂という細かいガラス状の粉が含まれていて、紙を削って文字を消します。



[まとまりやすさ:評価×][軽さ:評価◯]


インク用と鉛筆用の2種があります。砂消しゴムなので、鉛筆用でも砂っぽい消しカスになります。まとまりやすさでは不利になってしまいましたが、通常の消しゴムでは消せない油性インクの筆跡を削ることができますよ。


36位はぺんてる スーパー マルチ
軽めの消し心地で印刷面も消せます



ぺんてる
スーパー マルチ
実勢価格:294円


36位はぺんてる スーパー マルチ。油性ボールペンや印刷文字を消せて、紙を傷めません。



[まとまりやすさ:評価×][軽さ:評価◯]


超ハードで軽めの消し心地。こちらも消しカスは細かくなってしまいますが、印刷面も白く消すことができます。



以上、よく消えてまとまる消しゴム36製品のおすすめランキングでした。1位のパイロット クリーンイレーザーは消しカスが面白いほどに飛び散らず、机をキレイに保てます。

砂消しゴムは、まとまりやすさでは不利になってしまうものの、油性ボールペンや印刷面など、ほかの消しゴムで消せない文字を削ることができるメリットもあります。気になるものがあれば、ぜひ一度試してみてください。



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。