西日本で真夏日 長崎、鹿児島では今年1番の暑さ

2019/05/17 17:35 ウェザーニュース

高気圧に覆われてよく晴れたことで今日17日(金)も各地で気温が上がり、西日本では30℃以上の真夏日になったところがありました。

久留米では3日連続の真夏日

各地の最高気温は、浜田(島根) 30.9℃出雲(島根) 30.8℃豊岡(兵庫)、久留米(福岡)30.6℃財田(香川)、八代(熊本)30.5℃などとなっていて、久留米では3日連続の真夏日です。このほか、鳥取市や松江市、長崎市、鹿児島市などで今年これまでで一番の気温となったほか、松山空港では2003年の統計開始以来、5月としては最も高い気温となりました。

18日は曇りや雨 ムシムシした体感に

西日本では、18日(土)は前線や湿った空気の影響で曇りや雨となるため、17日(金)より最高気温は低くなります。ただ、湿度が増してくるため、ムシムシとした体感になります。引き続き運動や作業などで汗を多くかく場合は、熱中症防止ために水分・塩分補給をしっかりと行ってください。