リリー・フランキー

写真拡大 (全9枚)

NHK大河ドラマ「いだてん」の記者会見が17日、東京・渋谷の同局で行われ、主演の1人・阿部サダヲのほか、第2部(6月30日スタート)から登場する新キャスト、麻生久美子桐谷健太薬師丸ひろ子リリー・フランキー加藤雅也、塚本晋也らが出席した。

第2部からは、幻となった1940年・東京オリンピックの招致をめぐる熱狂が描かれる。主人公の新聞記者、田畑政治(まさはる)を演じる阿部について、リリーが撮影現場におけるエピソードを披露した。

▼ (左から)薬師丸ひろ子、リリー・フランキー、阿部サダヲ


▼ 薬師丸ひろ子


「阿部さんが(役柄で)薬師丸さんに失礼なセリフを何度も言っている。たぶん、番組を観たファンの方が絶対怒るぐらいだ」と紹介。「でも、大河ドラマなのに、笑えるシーンに仕上がっている。楽しみにしてほしい」と予告。見どころの一つとした。

そんなやり取りが明かされた薬師丸。「私は、日本橋のバー『ローズ』を経営しているママを演じます」とあいさつ。「今日そろった人たちは、実在の人物を演じるのですが、私だけ架空のキャラクターなんです」と明かした。

「接客よりも趣味の占いに没頭している役柄です。そんなママなのですが…言っていいのかぁ…」と悩みながら「(主人公から)『ババア、ババア』って呼ばれているんです。でも、そんなババアって呼ばれるキッカケがたくさんあるんで。そんな細かいところも見つけてほしいですね」といい、ガイドに加わっていた。

▼ 塚本晋也、薬師丸ひろ子、リリー・フランキー、阿部サダヲ、桐谷健太、麻生久美子、加藤雅也