写真はイメージです
 こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。

 鏡を見るとき正面は抜かりなくチェックするのに、うしろ姿をじっくりと観察する方はそう多くありません。人から見られるのは正面だけではないと分かってはいても、「見にくい」ことがネックになるのです。

 かくいう筆者も背面のチェックは不十分になりがち。買い物に行った際の試着室の大きな鏡で自分のもも裏を見たときは、思わず目を疑ったことも。そう、そこには憎きセルライトができていたのです。

◆もも裏はセルライトができやすい

 もも裏(太ももの裏側・ハムストリング)は、筋肉が硬くなりやすいパーツ。筋肉が硬くなると、血管やリンパ管の流れが悪くなり、余分な脂肪や老廃物が溜まりやすくなると言われています。つまり、セルライトができやすくなるということ。

 皮膚表面の波打つようなボコボコは、作りたくないし、できてしまったらなんとかしたいですよね。そこでオススメしたいのが、次のエクササイズ。

◆もも裏を緩めるエクササイズ

 前もも(大腿四頭筋)ともも裏(ハムストリング)は、反対に働くペアの筋肉。前ももの筋肉を鍛えることで、相反するもも裏の筋肉を緩め、硬さにアプローチしましょう。

https://youtu.be/WWXZEDZ5yU8

<プロセス>
1. 足を伸ばして座る

2. 両手をお尻のうしろにつき、上体を軽く倒す

3. 右足をお腹に引き寄せるように持ち上げて5回呼吸、足を下ろす

4. 左足をお腹に引き寄せるように持ち上げて5回呼吸、足をおろす

 足を持ち上げるときは前ももに力を入れることを意識して、この動きを3セット繰り返します。

 もも裏がほぐれてきたかどうかは、前屈をしたときの伸び具合・角度や体感でわかるでしょう。

 カチカチなもも裏を柔らかくして、セルライトのないツルンとした自信を持てるうしろ姿を作りませんか?

<文/高木沙織>

【高木沙織】
美容ライター/ヨガインストラクター/ビューティーフードアドバイザー/スーパーフードマイスター。多角的に美容・健康をサポートする活動を行っている。過去には『AneCan』『Oggi』の読者モデル、ファッションモデル、ナレーター等も経験。Blog、Instagram:@saori_takagi