京国際フォーラムでコンサートを行った松山千春

写真拡大

 歌手の松山千春(63)が16日、東京国際フォーラムで「松山千春コンサート・ツアー2019」東京公演を行った。

 今回のツアーは4月18日に神奈川・厚木市文化会館でスタートし、6月27日の札幌市民ホールまで全国19会場、23公演を行う。

 今月8日には旭川、10日は帯広と、地元である北海道をツアーで回ったが、その時に心臓に痛みを感じるトラブルがあったという。

「北海道内のコンサート、その途中に心臓発作。多くの方に心配をおかけしました。いま、こうやって東京国際フォーラム。“千春〜”という声とともに拍手していただいた。精一杯、歌わさせていただきます!」。その言葉通り、この日は全部で17曲を熱唱。ラストの「大空と大地の中で」では、観客席を歩きながら歌い、集まった5000人の観客を大満足させた。

 北海道で心臓に痛みを感じた時、マネジャーの運転する車に乗っていたが、その時に「間違っても病院に行くな。行ったらコンサートができなくなる」と指示したとか。さらに千春は「自分で自分を褒めてあげたいのは、そんな中でもたばこを吸ったんだ」と笑わせた。