冷蔵庫に姉の肉…お肉を誰が買ったか分かるようにした結果が、完全にサイコホラー映画っぽい

写真拡大

 帰宅して冷蔵庫を開けると、ひき肉にされた家族の肉があった…なんてことがあったら誰もが驚くはず。そんなホラー映画のような1シーンをヨシサキネコム16g(@nagasakiinu)さんはうっかり再現してしまった。

 お肉のパックに『2019年5月5日 姉の肉』とラベルが貼ってある。何も知らない投稿者の妹さんはこのラベルを見て、姉が誰かを殺めたのかとずっと怖がっていたそうだ。

 投稿を見たTwitterユーザーからは「これは表記の仕方が悪いwwwww」「ミンチにされた姉・・・」といった反応が寄せられた。

 「姉の肉」というフレーズ一つでも、『姉が買ってきた肉』と『ミンチにされた姉の肉』という二通りの解釈が存在する。このようなふとした時に日本語の難しさを再認識するのかもしれない。

 

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら