神奈川県厚木市の国道交差点で女性をひき逃げして重傷を負わせたとして、同県警厚木署は16日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで、同市戸田の無職、金丸忠雄容疑者(87)を逮捕したと発表した。

 「無車検と無保険だったので逃げた」などと容疑を認めている。

 逮捕容疑は15日午前10時15分ごろ、同市林の信号機の設置された十字路交差点で、自転車に乗って横断歩道を渡っていた無職女性(59)=同市妻田西=を軽ワゴン車ではね、そのまま逃げたとしている。女性は左腕を骨折するなどの重傷を負った。

 同署によると、金丸容疑者は赤信号を無視して交差点に進入。女性をはねた後、一旦車を降りて「すみません」と言い残し、逃走したという。

 その後、県警が付近の防犯カメラを解析するなどして、車を特定。自宅にいた金丸容疑者に任意同行を求めたところ、容疑を認めたため、同日深夜に逮捕した。同署が当時の詳しい状況を調べている。