「駐車場」が日本で定着したのはいつからか、ご存知ですか?(写真:freeangle/PIXTA)

モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス社)と東洋経済オンラインのコラボ企画。ちょいと一杯に役立つアレコレソレ。「蘊蓄の箪笥」をお届けしよう。

蘊蓄の箪笥とはひとつのモノとコトのストーリーを100個の引き出しに斬った知識の宝庫。モノ・マガジンで長年続く人気連載だ。今回のテーマは「駐車場」。意外と知らない基本中の基本から、あまり知られていない逸話まで。あっという間に身に付く、これぞ究極の知的な暇つぶし。引き出しを覗いたキミはすっかり教養人だ。

この連載の一覧はこちら

01. 「駐車場」とは、自動車や自動二輪車を駐車するための場所。英語を元に「パーキング(parking)」とも呼ぶ。

02. 大阪府をはじめとする西日本や中部地方では民間駐車場のことを「モータープール」と表現することがある。

03. 本来、英語の「motor pool」は米軍の車両部隊や官庁の公用車待機所または部隊のことで〈駐車場〉の意味はない。

04. 日本では明治に入ると、江戸時代の駕籠(かご)に代わり、新しい交通手段として「人力車」が誕生した。


東京都・浅草や京都府・嵐山などで有名な人力車。現在では軽車両の扱いとなり、原則として車道を通行しなければならない(写真:shimanto/PIXTA)

05. 人力車は後部座席に人を乗せて人力で引く二輪車のことで、東京鉄砲洲の和泉要助と本銀町の高山幸助らが考案。

06. 舶来の馬車の形から案出したもので、1869 (明治2)年に試運転。翌年3月「新造車」として開業を出願した。

07. 自家用からタクシーのような利用方法まで明治を通し幅広く普及したが、人力車には駐車場の指定はなかった。

08. 車夫たちは客の用事が長引く場合はあらかじめ迎えの時間を決めておき、その時間まで別の客の仕事をこなした。

09. また客の用事が短時間の場合は、人力車を路上に駐車し自分の車のそばで待機した。

日本で初めて実用された「自動車」は、英国産だった

10. 日本に「自動車」が持ち込まれたのは1897年11月。フランスから見本として輸入されたものが最初とされる。

11. 明治天皇の御料車も馬車であったこの時代、人力車や馬車、馬鉄しか目にしたことのない人々は衝撃を受ける。

12. 1912年大正天皇の即位に伴い御料車が自動車に変更。当時の自動車先進国・英国から輸入されたものだった。

13. 車種は「デイムラーランドレー57.2HP」で、英国王室で初めて御料車に採用された車という実績を評価された。

14. その選定に関わったのは、日本初の自動車輸入会社「日本自動車」を設立・経営していた大倉喜八郎だった。

15. 一方、仏・ルノー車を独自に輸入販売していた水嶼(みずしま)峻一郎は1913年にルノー社と代理店契約を締結。


16. しかし当時のルノーは破格の高級車だったため業績は伸びず、水嶼はルノー車を使用したハイヤー業を開始する。

17. その後、「車庫業」を思いついた水嶼は1922年東京・帝国劇場に隣接した東京會館前に4階建てビルを建設。

18. 〈昼は三越、夜は帝劇〉が上流マダムの代名詞だったこの時代、彼のハイヤー業&車庫業は大繁盛した。

19. 翌1923年に関東大震災が発生。すべてを失くした水嶼は海外で普及し始めていた「駐車場ビル」で再起を図る。

20. 関東大震災後、東京市内の自動車は約1500台。そのうち丸の内に出入りする車は約400台あった。

21. なかで自社・自宅に駐車するものが300台、料金を払って「平面車庫」に駐車するのが100台と報じられていた。

22. 駐車場に可能性を感じた彼は米国デトロイトの駐車場ビルの構造を改良し「水嶼式自動車庫」として特許を取得。

23. 1929年6月15日、東京市麹町区丸之内一丁目八番地(現・丸の内1丁目)に日本初の立体駐車場を開業する。

24. 鉄筋コンクリート6階建て、延べ面積5297.79m2の自走式駐車場で「ガラーヂビル」と命名された。

25. 特長は〈半フロア〉ごとに互い違いになっている構造。米国のフェルナンド・デューミー考案のスタイルだった。

26. 当時の総工費は40万9190円24銭ともいわれ、開業当日には『朝日新聞』に大々的な広告を打った。

27. 駐車場の広告としては日本初とされ、ガソリンや車用品の販売、修繕等のサービス、食堂もあったことが伺える。

28. 月極駐車料35円以上、臨時駐車料は一日1円50銭。フロアや車体サイズによっても駐車料は多少異なった。

月極駐車料35円は、現在価格で約20万円

29. 展示販売を目的とした商品車や中古車の場合は値引きされたが、35円は当時の大卒初任給とほぼ同額であった。

30. ガラーヂビルでは洗車サービスも行われ、契約車両の場合は何度でも無料で洗車を受けることができた。

31. 昭和初期とはいえ当時は車の絶対数が少ない上、道路交通法が未整備だったこともあり路上駐車が当たり前。

32. 開業から一年経ってもガラーヂビルは不振が続き、〈車〉と名の付くものは何でも受け入れる方針に転換する。

33. 庶民の足として利用されていた人力車、中央郵便局の郵便車、ときには東京市電共済組合の霊柩車も入庫した。


「ガラーヂビル」は現在の丸の内1丁目にある、「みずほコーポレート銀行本店」の北側に位置していた(写真:まちゃー/PIXTA)

34. 1945年3月東京大空襲の最中、従業員たちは屋上に落ちた焼夷弾を箒で叩き払い、全車両を無傷で守り抜いた。

35. 安全性を誇るガラーヂビルは〈奇跡の駐車場〉という噂が広まり、丸の内の企業から数多くの契約が寄せられた。

36. 戦後の混乱期、ガソリンや部品を盗む事件が相次ぎ路上駐車に不安を感じはじめたことも理由のひとつだった。

37. 駐車申し込みはプレミアがつくほどの人気で、250台収容の空間ながら500台の契約を受けていたこともあった。

38. この2倍の収容方法は治安のよい昼は路上に車を出しておき、夜間になるとスロープまで隙間なく車を詰め込む。

39. これは契約者同意の元に行われていた収容方法で各々の出庫予定時間を記録し、その順番に車を入れていた。

40. 戦後の1957年、日本で初めて都市における自動車駐車のための施設整備に関する事項を定めた「駐車場法」制定。

41. 駐車場法では一般公共用の駐車場について〈設置場所〉による分類がされている。

42. 「路上駐車場」とは、都市計画で定められた駐車場整備地区内の道路の路面に区画を限定して設置される駐車場。

43. 道路上だがスペースは白線で区切られており、パーキングメーターなどによって料金を徴収することができる。

44. 「路外駐車場」とは、道路の路面外に設置されている自動車の駐車のための施設のこと。

45. 路外駐車場はさまざまあり、駐車場法やその他の法令によって安全上の基準が細かく定められている。

46. 路外駐車場の一種「附置義務駐車場」は、ホテルやスーパーなど大型の建物に附置された駐車場を指す。

47. 駐車場法では延べ面積2000m2以上の規模を持つ建物については駐車場を併設する義務が定められている。

48. 「都市計画駐車場」とは、大都市の繁華街や地方都市の商業業務地など都市計画区域内に整備された路外駐車場。

49. 地区内の駐車需要に応じるため都市計画法により設置され、東京・秋葉原UDX等の駐車場がこれにあたる。

50. 近年、都市部やその周辺では簡易な「時間貸し駐車場」を路外駐車場として増やす動きがある。

51. 狭い土地や住宅・建物を建てるのに不向きな土地、広さはあるが用途不確定な土地などが駐車場に充てられる。

52. このような場合、駐車場経営に明るくない地主が大手駐車場経営会社に運営を委託するケースが多い。

東京初のコインパーキングは上野だった

53. 時間貸し駐車場の一種として、24時間・無人で利用できる「コインパーキング」が誕生したのは1991年12月。

54. パーク24が東京・上野にオープンした「タイムズ1号店」で、以降タイムズは駐車場の常識を次々と覆していく。

55. それまで1時間単位や1日単位だった駐車料金を15分や20分という〈駐車した時間分だけ払う〉体系に刷新。


今では当たり前となったロック付き24時間無人時間貸駐車場(写真:Caito/PIXTA(ピクスタ)

56. 先例にとらわれず利用客が使いやすいサービスを提供することでタイムズのネットワークは瞬く間に拡大した。

57. コインパーキング誕生の背景は、1990年代のバブル崩壊後、街中に売れ残った遊休地があふれたことだった。

58. パーク24はそのような土地を一時的に借り上げ、自社負担で駐車場機器を設置し土地貸借方式で運営を始めた。

59. 多くの地主が土地売買に困窮していた時代、毎月定額の賃貸料が入るビジネスモデルは喜んで受け入れられた。

60. 駐車場を短時間利用したい客にとっても〈手軽に・安価に・安全に〉駐車できるコインパーキングは理想的だった。

61. そのような顧客ニーズも追い風になったことから当初コインパーキングは「100円パーキング」とも呼ばれた。

62. 1996年タイムズは前95年に起きた阪神・淡路大震災を教訓に地下に防火水槽を備えた時間貸し駐車場を開業。

63. 防災設備を整えることで〈駐車するだけではない付加価値のある駐車場〉を確立した。

64. 2000年12月にはWEBサイトとNTTドコモのiモードで位置情報や空/満情報を確認できるサービスをスタート。

65. 2004年には〈おサイフケータイ〉による駐車場料金決済サービスを始めている。

66. 2019年現在、タイムズは47都道府県で1万7597件にまで拡大。アジアをはじめ海外にも進出している。

67. コインパーキング業には三井のリパーク、トヨタエンタプライズ、NPCなどさまざまな企業の参入が続いている。

68. 近年、時間貸し駐車場のなかには「最大料金」が設定されているものも増えている。

69. これは駐車時間が最大料金まで達すると、それ以上は料金が加算されないというシステムである。

70. しかしながら所定の時刻あるいは一定時間を過ぎると再度加算されてしまう。

日本の「車庫法」はレア?

71. 最大料金は駐車場の立地条件等によっても異なる上、適用回数も各駐車場によって違う。

72. 多くの国では自動車を所有する場合、家庭用と外来用の駐車場を確保することは家主の責任とされる。

73. 日本では「車庫法」が整備されているが、他の国々では法律で定められているような事例はあまり見られない。

74. 車庫法は1962年に制定され、正式名称は「自動車の保管場所の確保等に関する法律」という。

75. 車の保有数の増加と駐車場不足から1991年7月に改正法が実施され東京・大阪市内では軽自動車も義務化された。

76. 駐車場の発展とともに、自動車を停めるだけではない駐車場の利用方法も広がった。

77. 神奈川・七里ヶ浜海岸の駐車場では毎月第2・第4の土日に「七里ヶ浜パーキングフリーマーケット」を開催。


サーファーにも人気のある七里ヶ浜海岸(写真:barman/PIXTA)

78. 他にも横浜・海の公園柴口駐車場や大井競馬場、川崎競馬場の駐車場などでもフリーマーケットが開かれている。

79. 2012年東京・代官山にある蔦屋書店(T-SITE)は日曜早朝の空いている駐車場を利用したイベントをスタート。

80. 「モーニングクルーズ」というこのイベントは蔦屋書店のクルマ・バイクコーナー担当者の発案によるもの。

81. 〈クルマが集まって語り合う〉をテーマに、毎回異なるお題に沿った車が蔦屋書店の駐車場に集合する。

82. 開催日は毎月第2日曜日の朝7時〜9時(または8時〜10時)でお題は直前になるとFacebookで告知される。

83. 過去のお題は「V12気筒搭載フェラーリ」や「ベントレーorロールスロイス」「空冷ポルシェ」など。

84. 事前予約はできないため、当日時間になったら車で店の駐車場に向かい係員の指示に従い入庫する。

85. モーニングクルーズ参加者であることを店内受付に告げると駐車料金が2時間無料になる。

86. 千葉・柏の葉T-SITE、神奈川・湘南T-SITEでも同様のイベントが定期的に開催されている。

87. 1932年に米国で生まれた「ドライブインシアター」は駐車場にスクリーンを配し乗車したまま映画鑑賞する施設。

88. 日本では1961年トヨペット小田原サービスセンター内に「ドライブイン野外劇場」として試験的に設置された。

50年で幕を閉じたドライブインシアター

89. 1981年、千葉「ららぽーと」に本格的なドライブインシアターが開場したのをきっかけに全国20カ所以上で誕生。

90. しかし1990年代に入ると、シネコンの普及やアイドリング・ストップ推進などの影響で人気が落ち込んでいく。


衰退の原因には、夕方以降しか上映できない点や「アイドリング・ストップの推進」などの問題点もあった(写真:shaunl/iStock)

91. 2010年10月11日、国内最後となる神奈川・大磯のドライブインシアターが営業を終了し、その灯は消えた。

92. しかし2018年10月、熊本・阿蘇山の麓に「Drive in Theater Aso」がオープンした。

93. このドライブインシアターは2016年に起きた熊本地震からの復興支援の一環として企画されたもの。

94. 主宰するのは復興支援団体Noroshi西原で、現在も国内唯一のドライブインシアターとして営業を続けている。

95. 日本一地価の高いことで知られる東京・銀座で1964年から現在も営業を続けるのが「西銀座駐車場」だ。

96. 年中無休24時間営業で収容台数は800台。銀座・有楽町・新橋地区では最大級の地下駐車場である。

97. 一方、日本一の歓楽街・歌舞伎町に1973年から続く「新宿サブナード駐車場」も現役で収容台数は400台。

98. 全国で日々新しい駐車場が誕生するなか、日本最大級の規模を誇るのが「東京ディズニーリゾート」の駐車場だ。

99. 臨時駐車場を含めると収容可能台数は2万台超といわれ、一日1万台、1時間あたり約3000〜4000台をさばく。

100. 世界に類を見ないその迅速かつ効率的な駐車場運営が注目され、オーストラリアの交通学会でも紹介されている。

(文:寺田 薫/モノ・マガジン2019年6月2日号より転載)

参考文献・HP/「駐車場からのまちづくり」(学芸出版社)「駐車学」(成山堂書店)「交通システム」(オーム社)、全日本駐車協会、新東京ビル駐車場、パーク24、くるまのニュース、
Drive in Theater Asoほか関連HP