フリーアナウンサーの田中みな実

写真拡大

 田中みな実(32)、滝沢カレン(26)、西野七瀬(24)、長谷川京子(40)が14日放送の関西テレビ「グータンヌーボ2」(火曜深夜0・25)に出演。それぞれが持つ恋愛観について語った。

 エンディングトークでテーマとして挙がったのは「付き合う時に2人のルール 決める?決めない?」といったもの。「決める派」は滝沢のみで、西野、長谷川、田中の3人は「決めない派」を選んだ。

 滝沢は彼氏に付き合い始めに「ちょっとでもイヤな気持ちになったら別れちゃうけど大丈夫?」と聞くようで、これに対し他の3人は大笑い。「私が『別れる』って言ったときは本気の別れるです」と“ルールは絶対”であることを強調した。

 これに関しては「(彼氏を)ビックリさせないように」との配慮から。滝沢自身が性格を自己分析すると「昨日まで“好き”、明日から“大嫌い”ってなっちゃう人」だそうで、こうと決めたら一直線になってしまうとか。長谷川の「(大嫌いになって)また大好きに戻ったりしないの?」の問いには「絶対戻らないです。ビックリするくらい戻らない」と言い切った。

 男性側からルールを押し付けられた場合について尋ねられると、西野は「ヤダ」と即答。仮に「俺の前でゲームしないで」と彼氏に言われたら、の問いには「それ、あり得ないです。そういう人いますかね?」と強い拒否反応を示した。さすが根っからの“ゲーム好き”というべきか。

 彼氏から「俺よりも早く起きて朝ごはん作っといて」と言われた場合については、滝沢・西野が「ヤダ」とあっさり拒否したのに対し、田中は「イイ!」と好反応。「そういうの課せられたい」と意外(?)な一面を見せた。

 とりあえず「でも絶対食べて欲しいですけどね」と、“彼氏の胃袋をつかむ”という喜びを求めている様子。しかし最後は「寝坊して食べられないとかは悲しいかな。でも…そうされがちだよね」と、悲しい“彼女あるある”を披露していた。