“白血病”治療「キムリア」3349万円に

写真拡大

白血病などの新たな治療法として期待されている細胞治療薬「キムリア」の価格を、3349万円にすることが厚労省の諮問機関で了承された。

薬の価格を審議している厚生労働省の中央社会保険医療協議会は、15日、ノバルティスファーマ社の白血病などを治療する細胞治療薬「キムリア」を医療保険の対象にし、価格は3349万円とすることで了承した。

「キムリア」は、患者から採取した免疫細胞に遺伝子操作をしてがん細胞への攻撃力を活性化させる国内では初めての治療法。アメリカでは5000万円以上と高額で注目されていたが、国内で、保険が適用されている薬としては、最高額となる。

今月22日から公的医療保険が適用される。