比べたら驚いた! 食品ラップはあのブランドを選ばないと人生損するこれだけのワケ

写真拡大 (全45枚)

ちょこっと残ったおかずにサッ、半分使ったお野菜をくるり。毎日といっていいくらい出番が多いのが食品ラップです。でも買うときは、使い捨てだしどれでもいいやと選んじゃっていませんか? 今回は売れ筋ラップ10製品をピックアップし、性能と使いやすさを科学的に検証。本当のベストラップを決定します!


ラップの選び方ひとつで
食材の運命が変わります!



食品ラップを買うとき、みなさんはどうやって選んでいますか? 行ったお店でたまたま安くなっているものを買ったり、あんまりこだわりなく選んでいるという方も多いのではないでしょうか。

でもそれって、ラップはどれでもそれほど差がないと思っているからかもしれませんよね。

ところが、今回ラップ10製品を科学的に検証してみたところ、使い勝手はもちろん、包んだ食材の水分や酸化度合いなど、包んだ食材の運命を左右するくらいの大きな違いがあったんです。


ラップの良し悪しを決める
3つのポイント



そもそもラップを使ういちばんの目的は、“食材の鮮度を保つため”ですよね。確実にフレッシュさをキープするために、ラップを選ぶポイントは大きく3つ、鮮度保持力・使い勝手・強度です。

[ポイント Я度保持力]

しっかりラップしたのにシナシナになってること、ありますよね。野菜の切り口が茶色くなったり、お肉が黒ずんでしまうのもガッカリです。

食材の鮮度を保つには、水分をキープする「保水性」と酸素をしっかりさえぎって酸化を防ぐ「酸化耐性」がとっても重要。そこでこの2点をチェックしました。

1.保水性



同量の水を入れたビーカー10個に各製品のラップをかけて、1日後に蒸発した水分を計りました。



また、大葉をそれぞれのラップで包み、2日後の状態を目視で確認しました。

2.酸化耐性



アボカドとひき肉を同じ条件で各ラップに包み、常温と冷蔵庫のチルド室で保存。2日後の酸化の度合いをチェックしました。

[ポイント◆Щ箸ぞー蝓

さっと引き出せない、切れない、お皿にくっつかない…。こんなラップはイライラしちゃいますよね。あと、冷蔵庫の中で液モレして棚がベトベトになったり、ラップした食材の匂いが冷蔵庫中に充満するのも避けたいところです。

ラップは、ストレスなく気持ちよく使えることもかなり重要。そこで実際の使いやすさをしっかりチェックしました。

1.使い心地



主婦モニターのみなさんといっしょに、引き出しやすさ、切りやすさ、食材の包みやすさ、お皿へのかけやすさなどを細かく評価しました。

2.液モレ



容器に色をつけた水を入れ、ラップをかけて同じ回数振ったあとの水の量を測って、水モレの具合を調べました。

3.匂いモレ



同じ大きさのラップにニンニクを入れて包み、小瓶で密閉。3時間後の匂いのもれ具合を評価しました。

[ポイント:強度]


お皿にぴんと張ったラップをかけたとき、あっけなくさけてしまうことがありますよね。ストレスなく使うには、ハリがあって破れにくいことも大切です。



そこで専門機器を使い、引っぱって破けるまでにかかった力を正確に測定しました。


以上3つのポイントでラップ10製品をチェック。今回はとくにポイント1(鮮度保持力)とポイント2(使い勝手)を重視して総合判定しています。

ピックアップしたのは、3年前に「LDK」のテストでベストバイを獲得した「クレラップ」をはじめ、手ごろなお値段ながら高性能をうたうPB商品など10製品。科学的に検証して、性能と使いやすさも兼ね備えた優秀ラップを見極めました。



いつものラップ、変えたくなるかもしれませんよ。それではランキングの発表です!


高性能と使いやすさは健在!
ベスト獲得は「NEWクレラップ」



クレハ
NEWクレラップ
実勢価格:153円(1mあたり7.7円)

内容量:30僉20m
原材料:ポリ塩化ビニリデン


1位獲得はクレハ「NEWクレラップ」です。フィルムはハリがあって破れにくいだけでなく、食材の鮮度をきちんと守る性能の良さ。さらに箱の工夫や、圧倒的な切りやすさなどさすがの実力でした。やっぱり強いです!

▼テスト結果
1:鮮度保持力 A+
2:使い勝手  A
3:強度    A+


[1:鮮度保持力]
 酸化耐性 ★★★★★
 保水性  ★★★★★
 
切るとすぐ茶色くなってしまうアボカドですが、2日後も緑色の部分をキープ。変色部分を取ればそのまま食べられそうです。ひき肉はほとんど変色やドリップがなくてまだまだ新鮮。すぐれた酸化耐性を発揮しました。



多少の変色はあるけど緑色をキープ



ドリップはほぼ見当たらず、大きな変化はナシです


保水性では蒸散率0.44といちばん優秀です。 水分をしっかり保ち、大葉は2日たってもほとんど元のまま! ほどよく湿っていてうるおいも守られています。



乾燥知らずでピンと自立してます


[2:使い勝手]
 使い心地 ★★★★★
 液モレ  ★★★★★(モレ率0%)
 臭いモレ ★★★★☆

箱の工夫がすごいです。側面のカドが持ちやすく面取りされていたり、滑り止め加工で握りやすくなっていたり、こまかいところまで計算されています。急いでいるときもスムーズに使えそうです。



カドが削られていて握りやすい!


液モレのテストではモレ率ゼロ。冷蔵庫内にこぼれる心配ナシです。



まったくモレず! 安心できます


臭いモレではライバルのサランラップには及びませんが、かすかにニンニク臭を感じる程度。他製品に比べて圧倒的に臭いモレは少ないです。

[3:強度]
10製品中で唯一、強度10N(※)を超えてA+の評価です! フィルムが厚く、引っ張ってもビクともしません。ほどよいコシもあり、引っ張ってもまたお皿にかけなおせるくらい丈夫でした。
※強度の単位:ニュートン



厚手でハリがあって伸びません


総合評価では今回もクレラップがベスト! 一度使うとほかに浮気できない優秀さを再確認しました。


わずかな差で1位に及ばず…
切れ味アップした「サランラップ」



旭化成ホームプロダクツ
サランラップ
実勢価格:170円(1mあたり8.5円)

内容量:30僉20m
原材料:ポリ塩化ビニリデン


惜しくも2位となったのは、旭化成ホームプロダクツの「サランラップ」。刃の改良で使い心地がアップし、臭いモレの少なさも高評価で、使い勝手では1位。でも鮮度保持力や強度でクレラップに破れ、総合2位となりました。

▼テスト結果
1:鮮度保持力 A
2:使い勝手  A+
3:強度    A


[1:鮮度保持力]
 酸化耐性 ★★★★☆
 保水性  ★★★★☆

アボカドは1位のクレラップより多少変色しているものの、硬さをしっかりキープ。ひき肉のドリップ量も許容範囲なので十分おいしく調理できそうです。



変色はあるけど緑色の部分を多く保っています



ドリップは少しあるけど気にならない程度です


保水性は1位のクレラップに差をつけられましたが、0.55%と優秀です。変色などの劣化は見られず、うるおいもあり、もうしばらく保存できそうなフレッシュさです。



ピンと自立はしませんが新鮮さは十分!


[2:使い勝手]
 使い心地 ★★★★★
 液モレ  ★★★★★(モレ率0%)
 臭いモレ ★★★★★

使い勝手では1位のサランラップ。密着力の良さはさすがでした。昨年改良されたゆるやかなM字型の刃は格段に切れ味が上がったほか、クレラップを上回る臭いモレの少なさ。コシがあって包みやすいのもうれしいポイントでした。



M字刃はスパッと気持ちよく切れます


液モレのテストではモレ率ゼロ。密閉性の高さを証明しました。



水も油も漏れにくいです


臭いモレの少なさでは10製品中ダントツでした。臭いが気になる人はクレラップよりサランラップを試してみてください。

[3:強度]
強度は9.45NでA評価、2位でした。クレラップには及びませんでしたが、3位以下を大きく引き離す丈夫さです。その理由は材質。1位・2位はポリ塩化ビニリデンを使用。3位以下はポリエチレンや塩化ビニルで、素材の違いがそのまま強度に関係していることがわかりました。


クレラップに一歩及ばなかったサランラップですが、切れ味などの使い心地は最優秀賞! ラップの2大ブランドとしての意地を感じさせる結果となりました!


お値段以上の保水性なら
大日産業「NEW食品保存ラップ」



大日産業
NEW食品保存ラップ
実勢価格:259円(1mあたり2.6円)

容量:30cm×100m
原材料:ポリエチレン


2大ブランドを追って、3位につけたのは大日産業の「NEW食品保存ラップ」です。コスパ重視派なら、こちらもアリです。値段以上の保水性があって、野菜の保存だけならサランラップより適しています。

▼テスト結果
1:鮮度保持力 B
2:使い勝手  C
3:強度    D


[1:鮮度保持力]
 酸化耐性 ★★☆☆☆
 保水性  ★★★★☆(蒸散率0.51%)

酸化耐性は低かったです。アボカドは端のほうがとくに変色し、ひき肉のドリップ量は外にモレてしまうほどでした。ですが、保水性はかなり優秀! 蒸散率はサランラップよりも好成績で2位です。野菜のうるおいをしっかりキープしました。


[2:使い勝手]
 使い心地 ★★★☆☆
 液モレ  ★★☆☆☆(モレ率8.31%)
 臭いモレ ★☆☆☆☆


使い勝手はC評価です。切るときに指を置く位置がやや端のほうにあり、それに慣れれば切れ味は良好です。液モレはワースト2で、汁物の保存にはイマイチ。臭いモレもニンニク臭が一番キツく感じられました。



指の位置に慣れれば切れ味は悪くありません


[3:強度]
強度は3.22NでD評価。ちょっとの力ですぐに伸びてしまいました。

NEW食品保存ラップは欠点もありますが、長所は保水力の高さ、そしてコスパの良さです! 野菜の保存用なら十分の実力なので、使い分けしてもよさそうですよ。


保水性はまずまずだけど
破れやすい「NEWポリラップ」



宇部フィルム
NEWポリラップ
実勢価格:108円(1mあたり5.4円)

容量:30cm×20m
原材料:ポリエチレン


同じく3位になった、宇部フィルムの「NEWポリラップ」です。鮮度保持力はB評価ですが、強度が今回ワースト。弱かったです。

▼テスト結果
1:鮮度保持力 B
2:使い勝手  C
3:強度    D


[1:鮮度保持力]
 酸化耐性 ★★★☆☆
 保水性  ★★★☆☆(蒸散率1.09%)

鮮度保持力はB評価です。酸化耐性テストではアボカドは変色が目立ち、酸化が進んだ状態でしたが、ひき肉のほうはドリップ量は控えめでセーフ。保水性は4位で及第点となりました。

[2:使い勝手]
 使い心地 ★★☆☆☆
 液モレ  ★★★☆☆(モレ率1.90%)
 臭いモレ ★☆☆☆☆

使い勝手はC評価です。箱が弱く、使っているうちにどんどん切りにくくなってしまいました。液モレはややありますが、ひどいのは臭いモレ。ニンニク臭を強く感じました。



箱がもろくて切りづらいです


[3:強度]
強度はD評価。2.59Nで今回ワーストです。簡単に細かくちぎれてしまいました。

鮮度保持力は平均的だったNEWポリラップですが、使い勝手や強度のなさで評価が下がりました。


安さは魅力でも使い勝手が悪い
ダイソーの「キッチンラップ」



ダイソー
キッチンラップ
実勢価格:108円(1mあたり2.4円)

容量:30cm×45m
原材料:ポリエチレン


5位はダイソーの「キッチンラップ」。1mあたりの価格は2.4円と今回いちばんの安さです。でも使い勝手がワーストなので、安くてもあまりおすすめはできません。

▼テスト結果
1:鮮度保持力 B
2:使い勝手  D
3:強度    C


[1:鮮度保持力]
 酸化耐性 ★★☆☆☆
 保水性  ★★★☆☆(蒸散率1.53%)

酸化耐性ではアボカドの酸化が速く進み、全体的に茶色に変色してしまいました。保水性はまあ許容範囲です。

[2:使い勝手]
 使い心地 ★☆☆☆☆
 液モレ  ★☆☆☆(モレ率29.09%)
 臭いモレ ★☆☆☆☆

使い勝手はD評価で今回ワーストです。まず箱がもろくて刃がぐらつき、切りにくさにイライラ…。ふつうに切れるのは最初の数回でした。使うたびにラップが巻き戻ってしまうのも、本当に使いづらいです。



箱がすぐにダメになってしまいます


液モレのテストでは約1/3が漏れてしまい、とても汁物にはかけられません。臭いモレではラップをしてる感じがしないほど、直にニンニク臭を感じました。臭いが強いものを包むには向きません。



モレ率29.09%! 振ってるそばからどんどんモレました


[3:強度]
強度は4.62NでC評価です。タテ方向への強度はなんと7N超えの優秀さ! ですがヨコ方向が弱くて総合的には3位となりました。

お値段は魅力的なダイソーでしたが、使い勝手は満場一致のワースト評価。残念です…!


密着力はあるけど鮮度は保てず
日立化成「ファミラップ」



日立化成
ファミラップ
実勢価格:278円(1mあたり2.8円)

容量:30cm×100m
原材料:塩化ビニル樹脂


6位は4製品ありました。1つ目は日立化成の「ファミラップ」。使い心地はまずまずでしたが、それ以外がD評価でした。

▼テスト結果
1:鮮度保持力 C
2:使い勝手  C
3:強度    D


[1:鮮度保持力]
 酸化耐性 ★★☆☆☆
 保水性  ★★☆☆☆(蒸散率6.42%)

酸化耐性も保水性も低い結果です。アボカドは中央部分の変色がひどく、ひき肉もドリップがラップの外に漏れてしまうほどでした。保存用としては向いていません。


[2:使い勝手]
 使い心地 ★★★☆☆
 液モレ  ★★★☆☆(モレ率1.25%)
 臭いモレ ★★☆☆☆

使い勝手はC評価です。切りやすさは及第点ですが、100mの大容量サイズなので使い始めの重さがちょっと気になりました。ラップ自体に密着力があり、包みやすいです。



密着しますが重さがちょっとネックです


[3:強度]
強度は3.41NでD評価です。こちらの製品もそうですが、6位以下の5製品はすべて素材が塩化ビニル樹脂なので伸びやすいです。

ファミラップは切りやすさと密着力は良好ですが、鮮度保持力と強度がイマイチで保存用には向いていません。


酸化耐性がワースト並み
「リケンラップ たっぷり」



リケンファブロ
リケンラップ たっぷり
実勢価格:321円(1mあたり3.2円)

容量:30cm×100m
原材料:塩化ビニル樹脂


同じく6位のリケンファブロ「リケンラップ たっぷり」です。使い勝手は悪くないですが、酸化耐性がとくに低かったです。

▼テスト結果
1:鮮度保持力 C
2:使い勝手  C
3:強度    D


[1:鮮度保持力]
 酸化耐性 ★☆☆☆☆
 保水性  ★★☆☆☆(蒸散率7.33%)

鮮度保持力はC評価ですが、酸化耐性は最下位並み。ひき肉のドリップがとくにひどかったです。保水性も低く、大葉は小さくしぼんでしまいました。

[2:使い勝手]
 使い心地 ★★★☆☆
 液モレ  ★★★☆☆(モレ率0.78%)
 臭いモレ ★★☆☆☆

使い勝手はC評価でした。巻き戻り防止の工夫はうれしいのですが、薄くてラップ同士がくっつきやすく、引き出しにくいのが難点。食材への密着力は十分です。



巻き戻り防止の工夫はグッド!


[3:強度]
強度は2.92NでD評価です。素材そのものにはハリを感じられるのですが、こちらも素材は塩化ビニル樹脂なのでやっぱり破れやすいです。

リケンラップは巻き戻り防止の工夫がよかったですが、鮮度保持力が残念でした。


ラップが引っついてイライラ…
日立化成「家庭用日立ラップ」



日立化成
家庭用日立ラップ
実勢価格:108円(1mあたり5.4円)

容量:30cm×20m
原材料:塩化ビニル樹脂


こちらも6位、日立化成の「家庭用日立ラップ」です。鮮度保持力が低く、臭いモレはとくにひどかったです。

▼テスト結果
1:鮮度保持力 C
2:使い勝手  C
3:強度    D


[1:鮮度保持力]
 酸化耐性 ★★☆☆☆
 保水性  ★★☆☆☆(蒸散率7.33%)

鮮度保持力はC評価です。酸化耐性テストではアボカドが1日で茶色くなり、ひき肉もドリップが目立ちました。保水性も低く、大葉は小さくしおれました。

[2:使い勝手]
 使い心地 ★★☆☆☆
 液モレ  ★★★☆☆(モレ率1.01%)
 臭いモレ ★☆☆☆☆

使い勝手はC評価です。ラップを切るのに力がいるうえ、食材を包もうと広げた途端にラップ同士がくっついてシワシワに…。さらに臭いモレも低評価でした。



ラップ同士がすぐにくっついてイライラ…


[3:強度]
強度は3.07NでD評価です。突然ピシッと大きく裂けてしまいました。

家庭用日立ラップは鮮度保持力が低いうえに、使い勝手がマイナスでした。


液モレの少なさは優秀だけど
保水性でワーストのカインズ



カインズ
切りやすく熱に強い食品用ラップ
実勢価格:128円(1mあたり4.3円)

容量:30cm×30m
原材料:塩化ビニル樹脂


同じく6位、カインズの「切りやすく熱に強い食品用ラップ」です。保水性は今回の中でワーストでした。

▼テスト結果
1:鮮度保持力 C
2:使い勝手  C
3:強度    D


[1:鮮度保持力]
 酸化耐性 ★★☆☆☆
 保水性  ★☆☆☆☆(蒸散率9.70%)

酸化耐性も低いですが、さらに残念なのが保水性。今回もっとも低い結果となり、大葉は乾燥してシナシナにしおれました。

[2:使い勝手]
 使い心地 ★★☆☆☆
 液モレ  ★★★☆☆(モレ率0.71%)
 臭いモレ ★★☆☆☆

使い勝手はC評価ですが、液モレはなかなか優秀で4位です。ただしラップが薄くてふにゃふにゃしているので、お皿にきちんとかけるまでがひと苦労でした。



ラップにハリがなくてかけづらい!


[3:強度]
強度は3.24NでD評価です。タテ方向への強度ではワーストでした。

きちんとかければ保水力は優秀なカインズですが、保水性がワーストなのが評価を下げました。


液モレ率0%なのに残念…!
今回ワーストは「ダイアラップ」



三菱ケミカル
ダイアラップ
実勢価格:645円(1mあたり6.5円)

容量:30cm×100m
原材料:塩化ビニル樹脂


今回ワーストとなったのは、三菱ケミカルの「ダイアラップ」でした。液モレ率はなんと0%でクレやサランに並ぶ好成績でしたが、鮮度保持力テストではいいトコなしでした。

▼テスト結果
1:鮮度保持力 D
2:使い勝手  C
3:強度    D


[1:鮮度保持力]
 酸化耐性 ★☆☆☆☆
 保水性  ★☆☆☆☆(蒸散率8.71%)

酸化耐性・保水性ともにワースト評価で、もっとも食材の傷みが進みました。もったいないです!



アボカドは酸化が進んで一部が真っ黒…。



ラップからあふれるほど大量のドリップです…


大葉はサイズも縮み、見るからに水分が奪われています。表面はごわつき、葉っぱ同士が張り付いてしまってつまむのもひと苦労。



シナシナでもう食べられません


[2:使い勝手]
 使い心地 ★★☆☆☆
 液モレ  ★★★★★(モレ率0%)
 臭いモレ ★★☆☆☆

使い勝手はC評価ですが、なんと液モレ率だけは0%ととっても優秀! ただし刃の部分がむき出しになっているので手を切りそうでコワイです。これは改善してほしいです。



とにかく刃が危ないです


[3:強度]
強度は2.92NでD評価です。伸びながらゆっくり破けました。



フィルムが薄すぎて少しの力で伸びます


密着力が高くてモレ率だけは優秀だったダイアラップですが、鮮度保持力の低さにはガッカリでした。


以上、食品ラップ10製品のランキングでした。ラップ次第でこんなに食材の持ちが変わるんです! 次買うときの参考にしてみてくださいね。



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。