米国が5月9日に押収を発表した北朝鮮船籍の貨物船(米司法省提供)

写真拡大

北朝鮮外務省は14日、米国に対し、制裁違反の疑いで押収した貨物船を「遅滞なく送還すべき」と要求する報道官(スポークスマン)談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

米司法省は9日、国連安保理制裁などに違反し北朝鮮の石炭を輸送したとして、北朝鮮の貨物船「ワイズ・オネスト」を押収したことを発表。同船を米国領サモアに移動させた。

これに対して談話は、「米国の今回の行為は、『最大の圧迫』でわれわれを屈服させてみようとするアメリカ式計算法の延長であり、新しい朝米関係の樹立を公約した6・12朝米共同声明の基本精神を全面否定することになる」と反発。

続けて「米国は、自分らの白昼強盗さながらの行為が今後の情勢発展にどんな悪結果を招くかについて熟考し、遅滞することなくわが船舶を送還すべき」と要求した。