佐藤浩市

写真拡大

 5月24日公開の映画「空母いぶき」の公式サイトが13日に更新され、舞台挨拶上映会の詳細を発表した。

 「『空母いぶき』公開記念舞台挨拶決定!」のタイトルで更新。東京、大阪、名古屋を会場に計9回行われる予定で、主演を務める西島秀俊(48)、佐々木蔵之介(51)、そのほか若松節朗監督らが登壇するが、その中に佐藤浩市(58)の名前は無かった。

 佐藤は先月22日、都内で行われた同映画の完成披露試写会の取材会には出席していた。

 佐藤は10日発売の漫画誌「ビッグコミック」で同映画内で演じた首相役について「最初は絶対やりたくないと思いました(笑い)。体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代にある」と発言。首相像を「ストレスに弱く、すぐにおなかを下す設定にしてもらった」と明かしていた。

 これに対してネット上では「病人への思いやりがない」などの声が上がった。また、安倍晋三首相に「潰瘍性大腸炎」の持病があることから「首相を揶揄(やゆ)している」との指摘も相次いだ。