草野マサムネ(C)共同通信社

写真拡大

「スピッツは?」「スピッツが出るなら絶対見る」――。ネット上は“待望論”で盛り上がっている。かなり気が早いが、年末のNHK紅白歌合戦の話。

20年映画出演が決定 のん"令和の復活"に欠かせぬ条件とは

 きっかけは一部で「紅白に広瀬すずら『なつぞら』出演者が揃って登場」と報じられたこと。そのNHK朝ドラの主題歌「優しいあの子」を歌っているのがスピッツで、ファンが先走っているというわけだ。

 ボーカルの草野マサムネ(51)ら4人組のスピッツは1991年にメジャーデビューし、95年に発売されたシングル「ロビンソン」がミリオンセラーとなり大ブレーク。「空も飛べるはず」「チェリー」など数々のヒット曲を生み出しているのに、過去に紅白の出場経験はない。

 ファンにすればNHKの朝ドラの主題歌起用で注目され、話題になっているんだから、「いよいよか」と期待したくなるのも無理はないだろう。

「スピッツはライブやレコーディングを中心に活動しています。過去には『テレビが苦手』『紅白は見るもの』とも言っている。実際、紅白のオファーは何度かあったようですが、辞退しているようです。しかし、今回の『なつぞら』は通算100作目。紅白も令和初となります。スピッツにもここ数年、変化が見られて、2014年には結成後初の日本武道館ライブを行っている。16年には新曲のリリースに合わせて音楽番組に出演しています。満を持しての紅白出場は十分にあり得る、と思いたいですね」(レコード会社関係者)

 NHK朝ドラ主題歌のアーティストが紅白に出場するのは割と“定番”で、最近では星野源や桑田佳祐らがそう。前期「まんぷく」の主題歌を歌ったドリカムは出なかったが、果たしてスピッツは? 音楽ジャーナリストの渡邉裕二氏の見方はこうだ。

「おそらく、オファーはすでに届いているでしょう。しかし、スピッツ側にとって“出るメリット”は今のところ少ない。これまで通り出場しない可能性が高いと思います。『優しいあの子』は6月にリリースされますが、売れ行きが伸び、視聴者に曲が浸透し、本人たちと世間の気持ちがマッチすれば前向きになるかもしれません。そこで大事なのが、NHKのお膳立て。音楽番組『SONGS』に出演してもらうなど、意識を紅白に向けさせることです。昨年、出場を拒んでいた米津玄師が直前になって翻意したように、『朝ドラヒットメドレー特集』などの企画を用意すれば、特別枠でのスピッツ初出場が実現するかもしれません」

 ファンはNHKの“ヨイショ”に期待か。実現すれば令和初の“目玉”になるのは間違いない。