指原莉乃(C)モデルプレス

写真拡大

【指原莉乃/モデルプレス=5月14日】先月28日にHKT48を卒業した指原莉乃が、13日放送の日本テレビ系バラエティー番組「しゃべくり007」(毎週月曜よる10時〜)に出演。HKT48卒業に関する裏話や、恋愛解禁について語った。

【さらに写真を見る】指原莉乃、魅惑のランジェリー姿再び ふっくら美谷間にうっとり

◆指原莉乃、卒業コンサートの翌日に「初めてパチンコに」


収録の2日前に卒業し、同番組が卒業後初のバラエティー番組だという指原。卒業コンサートの翌日は休日だったそうで、「アイドルだったらあんまり行かない所に行ってみようと思って、初めてパチンコに」とアイドル卒業後の初休日の過ごし方を明かし、しゃべくりメンバーたちを驚愕させた。

◆卒業は「誰からも引き留められなかった」


AKB48に入ったのは11年前だという指原は、「10年っていう区切りで卒業しようかなとか何回か思った?」と問われると、「いつかは卒業しなきゃいけないなっていうのは思ってたんですけど、ステージも好きだったので『もうちょっといよう』でなんとなく長くなっちゃって」と話し、続けて「そろそろかなと思ったの?」と問われると、「握手会が多すぎて、日曜日のレギュラーとかできないじゃないですか」と笑いながら説明した。

指原は、「いつか辞める時は秋元(康)さんにまず言わなきゃなと思っていて、卒業発表する何か月か前に…」と卒業を秋元康氏に伝えたことも告白。秋元氏との話は、「長くなるのを覚悟して」いたという指原だが、「『卒業したいんですよね』『わかった』1ターンで終わったんですよ。マジ10分で終わったんです」と全く引き留められることもなかったと苦笑い。「誰からも引き留められなかった」と振り返った。

◆恋愛解禁の指原莉乃、デート願望を告白


また、卒業により恋愛解禁となることについて、「デートにはずっと行ってみたくて。したことないんです。ベタなデート、海に行ったりとか」と中学生以来したことがないというデート願望を告白した。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】