女子から「イタい!」と思われるスマホゲームのアカウント9パターン

写真拡大

スマホを使って、友達とゲームを楽しんでいる人は多いもの。ゲーム内ではアカウント設定が必須ですが、女子からスマホを覗きこまれたとき、「こんな名前つけてるの!?」とドン引きされないためには、どうすればいいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性278名に聞いたアンケートを参考に「女子から『イタい!』と思われるスマホゲームのアカウント」をご紹介します。

【1】「○○たん」「○○ぽん」など、自分の名前をかわいく呼んだもの
「あいつが『たくぽん』って…どうしたの?(苦笑)」(10代女性)など、男性がかわいいあだ名風のアカウントを使用すると、女性からギョッとされるようです。特に普段がオレ様キャラだと、そのギャップは相当なもの。実際に呼ばれ慣れたあだ名のほうが安心でしょう。

【2】マンガやゲーム、アニメのキャラクターの名前が入ったもの
「イタタ…特に萌え系!」(20代女性)など、オタクっぽさ全開のアカウントは、どうしても女性ウケが悪くなってしまうようです。同じマンガやアニメでも、国民的な人気のある作品なら、問題ないのではないでしょうか。

【3】カッコいいと思って誤った英語でつけたもの
「綴りが違ったり、意味がわからなかったりすると情けなくなる」(10代女性)というように、横文字の誤用は格好をつけたあげくにダサくなるため、できれば避けたいケースです。英語以外の外国語も「個性派アピール?」(10代女性)などと変に解釈される危険があるかもしれません。

【4】「ぁ」「ぉ」などギャルのように小文字を使ったもの
「正直バカっぽい。ギャル以外はやめてほしい」(20代女性)など、小文字を使ったアカウントには、知性が感じられないという意見もあります。イメージダウンになりかねないので、ほかのユーザーとの重複回避のためでも、ご法度と心得ましょう。

【5】「ラブ○○」「○○は俺の嫁」など、誰かのファンだとアピールしたもの
「本気すぎて怖いよ(苦笑)」(20代女性)など、アカウントにまでアイドルの名前を使うと、その「マジっぷり」にドン引きされてしまうようです。「ゲームで女性と絡めなくてもいい」と思うのでなければ、避けたほうが無難でしょう。

【6】「巨乳好き」など、下ネタが入った下品なもの
「生理的に受け付けない。どういうつもりなんだろう」(20代女性)というように、エッチな単語の入ったアカウントに拒否反応を示す女性もいます。この手の名づけは、ただでさえ他人を不快にさせる可能性が高いので、変更を検討してはいかがでしょうか。

【7】「地獄からの使者」など、中二病的なカッコよさを追求したもの
「うわー、やっちゃった…って感じ(苦笑)」(20代女性)など、少しダークな雰囲気の漂うアカウントに、「思春期か!」とツッコミを入れる女性もいます。誰にも迷惑はかけませんが、あとで恥ずかしい思いをするかもしれないことだけは覚えておきましょう。

【8】未練がましく元カノの名前が入っているもの
「ここで主張しなくてもいいじゃん」(20代女性)など、元カノへの未練タラタラなアカウントは、実生活でつながっている友達からげんなりされるようです。ゲームをするたび名前を目にすると、未練を断ち切れない原因にもなりうるので、思い切って変更してはいかがでしょうか。

【9】記号や絵文字を使ってキラキラ装飾したもの
「女子でもあるまいし…会社の同僚でビックリ」(20代女性)など、若い女性が好んで使うような装飾系アカウントは、大人の男性向きではないようです。いくらかわいく見えても、男性が使ったとたんに「気持ち悪い」という評価になってしまうので、勘違いしないようにしましょう。

アカウントは自分の名前のようなものなので、つい熱い思いを注いでしまいがち。しかし、女性陣のコメントを見る限り、いい加減につけるくらいのほうが、好感度が高いのかもしれません。(小倉志郎)

【調査概要】
期間:2013年12月3日(火)から10日(火)まで
対象:合計278名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査