ソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】

写真拡大

2回に3点を失うと、4回には3連続適時打などで4失点

■ソフトバンク - ロッテ(10日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの武田翔太投手が、6失点と炎上し4回でノックアウトされた。10日、本拠地ヤフオクドームでのロッテ戦。初回に先制されると、2回に3連打などで3点を加えられ、4回でマウンドを降りることになった。

 初回先頭の荻野に四球を与えると、鈴木の右前安打、角中の一ゴロの間に先制を許した。2回には先頭の岡の内野安打、藤岡の右前安打で一、三塁とされ、荻野の投手強襲の適時内野安打、鈴木の右前適時打、角中の犠飛で3点を失った。

 4回にはさらなるビッグイニングを作られた。藤岡の左前安打、鈴木の四球で走者を背負うと、井上、レアード、中村に3連続適時打を許して大量4失点。ここで、降板を告げられて右腕は3回2/3を投げて10安打8失点でKOとなった。

 武田は5月1日の楽天戦でウィーラーの頭部に死球を与えて、2回途中で危険球退場に。中1日で3日の楽天戦に先発したが、この時8安打8失点で3回2/3でノックアウトされていた。(Full-Count編集部)